第1試合

「またプロレスなんて・・・」
今まで北王、そして滝本に続けて痛めつけられてきた美少女アイドルの藤原瞳。このまだ12歳の小柄なアイドルがまたも地下のリングに上げられようとしていた。控え室でリングコスチュームである特別な白い競泳用水着にその幼い身体を包むと、試合開始の時間を待ったが、今回はもう1人が控え室に入ってきた。
ガチャ・・・「誰ですか?」
瞳はドアを開ける音にその方向を見つめた。
「ひ、瞳ちゃん?」
競泳水着姿の瞳に驚きの声をあげたのは、あの末長遥だった。
「は、遥さん・・・どうしてここに?」
瞳は遥の登場に驚くが、遥は返した。
「ううん、最近売れてきたけど・・・何か圧力がかかったのか・・・プロレスごっこで事務所も助かるって・・・」
そう言うと、遥は手にしたバックから同じく競泳用水着を取り出すと瞳の前で着替え始めた。
「そ、そんなぁ・・・遥さん。ここのプロレスはごっこなんてものじゃなくて・・・」
瞳が言った瞬間、またもドアが開いた。
ガチャ・・・「余計な事を言ってるんじゃない・・・それよりも今日の対戦相手だっ!」
二人の前に黒服の男が入ってくると紙を差し出した。
「し、失礼じゃないですか・・・女の子が・・水着に着替えている時に・・・
」遥は気丈にもバスタオルを胸に当てると言い放つと、黒服が笑みを浮かべて言い返した。
「ふふふっ、まぁリングに上がればお前みたいなガキじゃないのが幾らでも見れるし・・・お前も覚悟してリングに上がれよ・・・」
そう言うと、控え室を後にしていった。
「何よ・・・覚悟しとけだなんて・・・それよりっと・・・」
遥は紙に書かれたものを見ると、驚いた。
「こっ・・これって・・・」
そう、紙には第1試合・特別マッチ「藤原瞳・末長遥 対 滝本秀明」と書かれていた。
「遥さん。二人かかりでも、ここのプロレスは遊びじゃないんです。」
瞳は前回の試合から、滝沢の怖さを知っていたが、遥は一言言いだした。
「プロレスなら少しくらいは学校でプロレスごっこしたりしてるし、大丈夫よ・・・それにタッキーでしょ?」
「で・・でも。・・・このリングだと・・・」
瞳は遥に説明しようとするが、ここで黒服が迎えに来た。
「時間だっ!」
そう言われると、二人は控え室から観客達に囲まれたリングに向かって歩き出していた。
そしてリングに上がる二人。そして今日の最初の生け贄とも言えるこの二人の美少女に対して観客は歓声をあげていった。
そしてその歓声の中、対戦相手の滝本がリングに入ってきた。
「またお前か・・・今日も痛めつけてやるぜっ!」
そう言う滝本に、遥は驚きの表情を浮かべていった。
「そ、そんなタッキーがそんな事を・・・それより、瞳ちゃん?この前って・・・」
その遥の問いかけに黙り込む瞳。
そんな中、リング上ではリングアナによってコールが始まっていった。
「それでは、本日の第1試合、特別変則マッチ時間無制限一本勝負!青コーナー・・・末長〜遥〜、藤原〜瞳〜!・・・赤コーナー、滝本〜秀明〜!」
そのコールの後、不安げな表情の瞳と遥はコーナーに戻っていった。
「どっちが最初の俺の相手だよ!」
早くも挑発するように滝本が瞳と遥に言い放っていく。
「じゃあ、遥さん・・・私から行きます・・・」
そい言うと、瞳は震えながらリングに入っていった。
「瞳ちゃん・・・」
不安げに見送る遥。そしてゴングが鳴らされていった。
「カァーン!」
ゴングと同時に両コーナーから飛び出していく瞳と滝本。
「来いよ!」
余裕の表情で手招きする滝本。そして必死の表情で向かっていく瞳。そしてコーナーでは初めてのプロレスのリングで、まだ芸能人同士のプロレスごっこと勘違いしている遥。
「いくわよっ!」
必死な表情でエルボースマッシュをその小さな身体から繰り出していく瞳。しかし滝本は余裕でその技を受けていたが、時折張り手を瞳の可愛い頬に入れていくと、リング上では瞳の苦痛の表情に観客達が歓声をあげていた。
「ひ、瞳ちゃん・・・」
さすがにこの力の入った張り手には遥も驚きの表情を浮かべていった。
「ほらほらっ、あの勘違いしている奴に教えてやれよ・・・ここのリングの事を!」
滝本は瞳の髪の毛を掴むと下を向かせてリングの中を引き吊り回していった。
「いやああぁぁぁ・・・くっ・・」
苦しみながらも、必死に耐える瞳。
「おい、お前も出て来いよ!」
瞳を引き吊り回しながらも、滝本はコーナーの遥もリングに招き入れていった。
「瞳ちゃん!」
その招く滝本に、低空のドロップキックを放っていく遥。
バシッ・・・その蹴りが滝本の膝に当たると、滝本は一瞬苦痛の表情を浮かべるが瞳を捕まえたままだった。
「放しなさいよ!」
必死になって遥は瞳の髪を掴む滝本にローキックを入れていくと、瞳を放させようと必死になっていた。
「ほらよっ・・・二人まとめてかかってこい・・・ほらっ!」
その遥に瞳を投げるようにして引き渡すと、滝本は距離を取っていった。
「ひ、瞳ちゃん大丈夫?」
瞳の様子を気にする遥。
「だ、大丈夫です・・・それよりも、油断するとこのリングでは、水着を剥がされたりして大変な事に・・・」
瞳は滝本を睨みながら遥に言うと、遥は瞳の言葉に驚いた。
「み、水着を・・・剥がすって脱がされるって事・・・。そんなぁ・・ストリップなんてイヤっ!」
その水着を剥ぎ取られるかもと言う不安から、遥も真面目になっていった。
「瞳ちゃん、だったら二人で攻撃しましょ!」「たしかに、勝つにはそれしか・・」
二人が話していると、滝本はコーナーで余裕ぶっていた。
「いくわよぉぉぉ・・・・」
二人が叫び声をあげながらコーナーの滝本にダブルドロップキックを放っていくと、滝本の胸元に綺麗に決まってコーナーに弾き飛ばしていった。
バシッ・・「ぐわっ・・」
以外な二人のドロップキック攻撃に苦痛の表情の滝本。
「立ちなさいよ!」
遥は滝本の髪の毛を掴んで起こすと、瞳がトップロープに上がっていった。
「瞳ちゃん!」
そう言うと、遥は踏ん張るようにして滝本にボディスラムで投げつけていった。
バッシーン!・・「なにっ・・」
軽量なアイドルの遥に投げられて滝本は驚くが、続けて瞳がトップロープから仰向けの滝本のお腹へニードロップを決めていった。
グシュ・・「うげっ・・・!」
いくら軽い女の子が放つニードロップでも、滝本は胃の中の物が逆流してくるのを必死に耐えて飲み込んでいった。
その滝本に更に遥と瞳の攻撃は続いていった。
「次は・・・こうよっ!」
そう、掛け声と共に遥が滝本を起こすと、瞳と一緒に腕を掴むと思いっきりロープに滝本を振ると、ロープから勢い良く返ってくる滝本にダブルドロップキックで倒していった。
「ぐわあぁぁぁ・・・お、おぼえてろよ・・・くそっ!」
二人に言い返すが、滝本は仰向けになって倒れると、起きあがった二人は勢い良くストンピングを滝本の全身に叩き込んでいった。
バシッ・・バシバシッ・・ドカッ・・ドシュ・・「ほらほらっ・・ギブアップすれば!」「どんどんいきますよ!」
遥と瞳の二人は全身を使ってのストンピングを叩き込んでいった。次第に滝本の胸元や、腕などが赤くなっていくが、滝本も男の意地で反撃の機会を伺ってはいた・・・しかし二人の猛攻は続いていった。それもそうである。水着を剥がされるかもと言う遥と、また全裸で痛めつけられるかもと言う瞳は必死だった。
「瞳ちゃん・・・トップロープにあいつを乗せて落とさない?」「はい。そしてトドメを刺してあげましょうか?」
ストンピングで滝本の全身を痛めつけてから、更に攻め込むために遥と瞳が滝本を起こすと、セカンドロープに上げていった。
「いくわよ!」
そう言うと、セカンドロープに立つ滝本に瞳が何と、絶叫するとトップロープに上がって一気に飛び上がると、滝本の頭部を太股で挟むようにして一気にトップロープから落としながら滝本の胸部を自らのヒップで潰していった。
ドカッ・・「うぐうっ・・・」
流石の滝本も、瞳の身体の重さよりも高いところから落ちた衝撃で苦しんでいた。
そして更に、遥もトップロープに上がると一気に苦しんでいる滝本のお腹へヒップドロップを落としていった。
グシュ・・「ぶべえぇぇぇぇ・・・」
これには滝本は、堪らず口から胃液を噴き出して藻掻き苦しんでいた。
「ふんっ・・・だらしないの!」
遥はその滝本の姿に、勝てると思ったのかトップロープに上げていった。しかし連続の攻撃、それも大技の連発に遥と瞳は汗だくになっていた。
「瞳ちゃん・・・いくわよ!」
遥が叫んで滝本を乗せていくと、瞳は反対側からトップロープに上がって何かを狙っていった。しかし滝本もこれ以上に技を受けたらマズイと感じたのか、突然に背後からトップロープに押してくる遥にバックキックで倒していった。
バシッ・・「きゃああぁぁぁ・・・」
悲鳴をあげてマットに落とされていく遥。
「は、遥さん・・・」
その光景に驚く瞳。更に続けて滝本はトップロープの瞳の首にフロントスリーパー気味に腕を絡めると、一気に容赦なく雪崩式のブレンバスターを決めていった。
バッシーン!・・・「きゃああぁぁぁぁぁ・・・・いやあぁぁぁぁぁ・・・・」
背中を思いっきり打ち付けられて、瞳は大声で悲鳴をあげてマットを転がって苦しんでいた。
「ふふふっ、さっきから調子に乗りやがって・・・お返しをさせてもらうぜっ!」
そう滝本が呟くと、まずは瞳をリング下に蹴り落としていった。
バシッ・・「いやあぁぁぁ・・・」
悲鳴と共にリング下に落ちていく瞳。
「どうしたんだよ・・・1人だとダメか、ああっ・・?」
滝本はリングに残された遥を捕まえると、髪を掴んでいった。そしてそのままヒザ蹴りを遥の発育途中のバストへ入れていった。
ブニッ・・ブニュ・・「いやん・・・あうっ・・はあんっ・・・」
滝本の強烈なヒザ蹴りに、遥はグッタリとして座り込んでいった。
「おらおらっ、その可愛い顔をぶっ潰してやろうか?」
そう言うと、滝本は髪の毛を鷲掴みにしてから、残りの拳を固めると、いかにも顔面を殴りつけるような格好をした。
「いやっ・・ああっ・・・」
その拳を見て必死に滝本の腰にしがみついていく遥。
「弱いくせに・・・おらあぁぁぁ・・・」
滝本はその必死な遥を、そのまま逆に持ち上げると、そのままリング下に落としていった。
「いやああぁぁぁぁん・・・あうっ・・」
リング下に落とされて藻掻き苦しむ遥。その遥に、先にリング下に落とされていた瞳が駆け寄ると、起こしていった。
「遥さん・・大丈夫ですか?」「ひっ・・瞳ちゃん・・・痛いわ・・」
二人は何とかダメージを回復させようと考えるが、そうは滝本は許さなかった。
「何だよ・・・また二人掛かりでかぁ?・・・だったら俺も使わせてもらうぜっ・・・相棒を・・・」
そう言って二人に近づく滝本の手には、パイプ椅子が握られていた。
「なっ・・何するのよ・・・」「ひっ・・卑怯よ・・・」
遥と瞳は体力も消耗していて、怯えていると、滝本はその二人に迫っていった。
「覚悟はいいかぁ・・ふふふっ・・・」
そう言うと、滝本はパイプ椅子を持ち上げて叩き付ける体制になっていった。
「ひっ・・瞳ちゃん。・・に・・逃げて・・・」
遥はまだ苦しいのか、動けないでいると瞳に逃げるように言っていった。
「逃げません。遥さんを置いてだなんて・・・」
瞳もその遥を庇うようにしていると、滝本はニヤニヤとしていた。
「いいねぇ・・そういう友情って言うのかな?・・・でもここじゃあ関係ないけど・・・二人ともボロボロにされるからねっ!」
そしてパイプ椅子をまずは瞳の背中へ一撃喰らわしていった。
ガッシャーン!・・「ぎゃああぁぁぁぁ・・・・」「瞳ちゃん!」
まずは遥を庇っていた瞳の背中へパイプ椅子が炸裂すると、瞳はグッタリとして倒れていった。
「人でなしっ・・・男として恥ずかしくないの!」
瞳がグッタリすると、遥は気丈にも滝本に言い放っていった。
「何とでも言えよ・・このリングじゃあ、相手を潰した方がいいんだよ・・・特にお前達みたいな可愛い奴はなぁ・・」
滝本は、遥に言い放つと、座り込む遥の脳天にパイプ椅子を振り下ろしていった。
ガッシャーン!・・・「ああああんっ・・・ああっ・・」
その強烈な一撃に、遥もグッタリとして倒れてしまった。
「ふふふっ、お前も生意気な事を言ったから、お仕置きが必要だな!」
滝本はグッタリする遥の喉にパイプ椅子を食い込ませて、喉を潰していった。
「ううっ・・あうっ・・・ううんっ・・ぐうっ・・」
声も出せずに首にパイプ椅子を押し当てられて、足をバタバタして狂ったように藻掻く遥。
「このまま首の骨を折ってやろうか・・・末長っ!」
滝本は更に体重を掛けて遥の首を痛めつけていくと、遥の抵抗する力も少しずつ弱まってきているようだった。
しかし次の瞬間・・・「ぐわあぁぁぁぁ・・・」
突然に遥の首にパイプ椅子を食い込ませていた滝本が股間を押さえて倒れ込んでいった。そう、瞳が遥に襲いかかっていた滝本の股間へ、容赦のないヒザ蹴りで蹴り上げたのだった。
「いい気味よ!」
瞳は12歳とは思えない対男性用の技で滝本を倒すと、喉を押さえる遥を起こしてコーナーに逃げていった。
「ううっ・・あうっ・・・ぐるしい・・喉が・・」
コーナー付近に座って苦しむ遥。
「だ、大丈夫ですか?・・・でもこれで勝ちでしょう・・私たちの・・・」
そう言って瞳も黒服に試合の終了を宣言してもらおうとするが、背後から鋭い視線を感じていた。
「えっ・・ま、まさか・・・」
驚く瞳。そして遥も呟く。
「ひ、瞳ちゃん・・・後ろ・・・」
そして振り向くと、そこには股間蹴りで悶絶していた筈の滝本が怒りの表情で立っていた。
「生意気な真似しやがって・・・男として終わらせる気か?」
そう言うと、瞳と遥の方向へ歩き出していった。
「そ、そんなぁ・・・」
瞳も遥も驚くと、滝本は言い放っていった。
「ふふふっ、コレが無かったら今頃は終わってたぜっ!」
滝本は自らのトランクスの中に手を入れると、ファウルカップを取り出して瞳と遥に見せていった。
「なっ・・何よ・・・ズルい・・」
驚く瞳と遥。
「何がズルいんだよ・・・二人がかりにしてやったのに・・・」
そう言うと、滝本は座り込んでいる遥に近づくと、突然に顔面に強烈な蹴りを入れていった。
バシィィィ・・・「ぎゃああぁぁぁぁぁ・・・」
次の瞬間、大きな悲鳴と共に遥は大の字に倒れてしまった。
「何するのよぉぉ・・・」
その滝本に必死に小さな身体からエルボースマッシュで攻め込む瞳。しかし滝本は「うるさいんだよ・・・チビ!」と瞳の腕を掴むとトップロープとセカンドロープに絡めて動けなくしていった。
「お前は後でタップリと可愛がってやるぜっ・・・まずはコイツのやられる所でも見とけよ!」
大の字状態で意識を朦朧とさせている遥の髪を掴むと、今度は顔面へヒザ蹴りを入れて攻めていった。
ガッ・・ゴツッ・・「ぎゃうぅぅぅ・・・ぎゃん・・あうっ・・」
その滝本のヒザ蹴り攻撃に、遥はただ悲鳴をあげていくだけだった。更に下を向けられている遥の鼻などからは激しく出血して、マットに大量の血が垂れていった。
「そんな酷い事、やめてよぉぉぉ・・」
ロープに固定されて動けない瞳は、必死に叫び声をあげるが滝本には関係なかった。
「ああんっ・・・いやっ・・おげっ・・うぐっ・・はぐうっ・・」
しかし更に激しさを増す滝本の攻撃に、遥は鼻と口から血飛沫を飛ばしながら痛めつけられていた。次第に赤く染まっていく遥の白い水着。
「藤原っ!よ〜く見ておけよ・・・次はお前の番だぜっ!」
滝本がそう言うと、グッタリする遥を倒すと俯せにすると、強烈なキャメルクラッチで身体を反らしていった。
声も出せずに足をバタバタして苦しむ遥。その遥に滝本は言い放つ。
「ふふふっ、血まみれのヌードって言うのもいいかもなっ!」
その一言に続きキャメルクラッチに極めている遥の水着の肩紐を外すと、上半身から水着を剥がしていった。
「うぐうっ・・ううっ・・」
声も出せないが、呻き声みたいにして胸を出された事に抵抗しようとする遥。
「何だよ・・小さい胸だなぁ・・・パットで誤魔化してやがったなっ!」
更に遥が気にするような事を耳元で囁いていく滝本。そして一気に技を解いて遥の顔面をマットに叩き付けると、立ち上がって後頭部にストンピングを入れてから瞳に狙いを付けていった。
「遥さん!」
ロープに固定されている瞳は絶叫するが、遥はグッタリとしてマットに倒れたままだった。そして滝本は、ロープに固定している瞳に近づくと、一気にお腹へミドルキックを放っていった。
ドボォォ・・「うげぇぇぇ・・・」
突然のお腹への蹴りに瞳は口から透明の液体を撒き散らしていった。それと同時に、蹴りの衝撃からロープから腕が外れて倒れ込んでいった。
「ふふふっ・・・お前も痛めつけてやるからなっ・・・」
滝本がそのままストンピングを入れていくと、瞳は必死にリング下に逃げていった。
「逃げるなよ・・・チビ女!」
滝本がリング下に追いかけると、瞳も必死になって逃げるが、滝本に捕まってしまった。
「あ、あなたなんかに・・負けるもんですか!」
瞳は滝本に捕まっても強がるが、滝本は構わず近くの鉄柱に瞳を連れて行くと、無言のまま額を打ち付けていった。
ゴンッ・・・「ぎゃあっ・・・」
瞳は悲鳴と共に、額が割れて一筋の赤い筋が顔に走っていった。
「おらおらっ、お前の顔を潰してやるぜっ!」
更に鉄柱攻撃をしていく滝本。次第に瞳も血まみれにされていった。
フラフラする瞳は、その可愛い顔を赤く染められていくと、何とか反撃をと考えていたが、滝本はここまで来ると余裕で勝てると考えていた。
「ふふふっ、また全裸にひん剥いてやろうか?」
滝本は余裕で鉄柱に瞳の傷口を擦り付けていくと、全裸と言う言葉に瞳は反応した・・・。
「い・・いや・・・もう・・・いやあぁぁぁぁ・・・」
突然瞳が絶叫すると、油断していた滝本の股間へ何と、アッパー気味に渾身の力を込めてパンチを放っていった。
グニュ・・「ひっ・・・」
突然のこの瞳の反撃に、滝本は顔面蒼白になって倒れ込んでいった。そう、滝本はファウルカップを外していたので、いくら瞳の力でも油断していては大ダメージだった。
そして瞳は、遂に地下プロレスで初めて男性相手に優位に立っていった。
「苦しいんでしょ・・・前の試合で私だって・・大事な所をやられれば・・・痛いんだから・・・」
血にまみれながらも目に涙を浮かべながら滝本に言い放っていった。
「うぐぐっ・・・ううっ・・・・」
しかし滝本は股間を押さえて藻掻くだけだったが、瞳は構わず足を掴むと、股裂き状態にしていった。そして滝本が両手で急所を押さえるが、その押さえる手の上に容赦なくストンピングを叩き込んでいった。
グシュ・・バシッ・・バシッ・・「潰れちゃえ!・・このっ・・このっ・・・女の敵めっ!」
必死に蹴りこむ瞳。その攻撃に更にダメージが増えていく滝本。
更に、リングで倒れていた遥もフラフラしながらリング下の瞳に加勢に来ていた。
「ひっ・・瞳ちゃん・・・私も・・手伝うわ!」「だ、大丈夫ですか・・・」
そして遂に、遥まで加わると、二人掛かりで股裂き攻撃をしていくと、滝本は押さえていた手をジタバタさせて抵抗したが、何と瞳の足がトランクス越しに滝本の急所を踏みつぶしていった。
「ひいぃぃぃ・・・つ、潰れちまうよ・・・おいっ・・」
あれだけ威勢のいい滝本だったが、今正に急所を潰されかかって弱気になっていた。
グニュグニュ・・「うわっ・・この感触気持ち悪い・・・コレを潰しちゃえばいいんだ・・・遥さん、押さえていてください・・・」
瞳は、ここで前にも滝本に痛めつけられた事で、完全に滝本の男の急所を潰そうと考えていた。
「いいわよ。瞳ちゃん!」
遥も滝本の上半身の方から両足を開いて押さえると、瞳は何とリングに上がってエプロンサイドに立っていった。
「おっ・・おい・・・や・・やめてくれよ・・・」
瞳の姿に、これから行われる事がわかったのか滝本が怯え始めると、瞳が呟いた。
「潰してやるぅぅぅ・・・・」
今までの恨みを込めて、瞳は飛び上がると何と、滝本の股間へ強烈なフットスタンプを叩き込むと、滝本は急所を潰されてしまった。
「ぐぎゃっ!」
そして変な悲鳴をあげて、滝本は白目を剥いて失神してしまった。
「やっ・・やったわ・・・」「やったわね・・・瞳ちゃん・・・」
その滝本の失神を確認すると、瞳も遥もお互い喜び合ったが、ここで二人ともフラ〜っと倒れてしまった。
そう、流血や滝本にやられていた攻めのダメージが、勝ったという事で気が緩んでしまって気を失ったようだった。
「カンカンカンカン!」
ここでこの試合の終了を告げるゴングが鳴らされると、気を失ってしまったが、瞳と遥の勝利で試合は終わったのだった。
そして担架で運ばれていく3人。その担架で運ばれる滝本の股間は、何故か赤いシミが浮かんでいた・・・・。


第2試合

そして第2試合が始まろうとしていた。リングにはあの河村ひかるが白いビキニ姿で立っていた。
何故なら、バラエティ番組でアイドル同士のボクシングの企画があったとき、ひかるはヤラセの筈の試合で、相手のアイドルに強烈なパンチで失神させてしまい、番組を壊したとして地下プロレスに上げられたのだった。
しかし今回は、その失神させられたアイドルのリベンジと言う事で企画されたので、ひかるも自信を持ってリングに上がっていた。
「ふんっ、地下プロレスって言うけど、あんなに弱い娘とまた闘うなんて、時間の無駄よっ!」
ひかるはコーナーで相手の出てくるのを待っていた。
しかしひかるの前に現れたのは、巨漢の北王光司だった。前回の大会で盛宏子を地獄に落としているだけに、北王は今回のひかるも獲物として喜んでいるようだった。
「なっ、何で・・・違うでしょ・・・」
戸惑うひかる。しかし目の前の北王が言い放つ。
「ふふふっ、いい胸してるじゃねぇか?・・・ぶっ壊してやるぜ!」
そう言って笑みを浮かべていた。
「そんなぁぁ・・・こんな試合やってられないわ!」
ひかるは試合をやってられないとリングを降りようとすると、そこには無数の有刺鉄線が巻かれた板が置かれて逃げられないようになっていた。
「逃げようって言ったってムダだぜっ!大人しく痛めつけられればいいんだよ・・・ふふっ・・」
そう言うと、北王はコーナーでゴングを待っているようだった。
「じょ、冗談じゃないわ・・・」
ひかるはリング下にも逃げれず、目の前には北王に阻まれて決意したのか、自慢のボクシングで勝負しようと決めていた。
「カァーン!」
突然にコールも無しでゴングがリングに響くと、北王はコーナーからひかるに向かっていった。ひかるもコーナーから飛び出すと、自慢のボクシングテクからフットワークを使って巨漢の北王の周りを飛び跳ねて翻弄していった。
シュ・・シュシュ・・「ふんっ・・ふんっ・・ふんふん・・・」
ひかるはジャブで北王を牽制しているつもりだが、150pのひかると、2メートルの北王では話にならなかった。
「何のつもりだよ・・・チビ女!」
北王はひかるのジャブを払うと、余裕でノーガードで前に出ていった。
「くっ・・何よ!」
今度は踏み込んで北王のボディにストレートを放つが、北王のお腹の筋肉と脂肪分に阻まれてダメージどころか、自分の手を痛める結果になってしまった。
「うぐうっ・・・くっ・・・」
パンチを放った後、距離を置いて手を庇うひかる。
「何してるんだよ・・・おいっ!」
しかし北王がそれを許さずに、一気に近づくとひかるの顔に大きな手から出す強烈な張り手を叩き込んでいった。
バシィィィ・・・「ぶへぇぇぇ・・・・」
これには小柄なひかるは思いっきり吹き飛ばされて、転がって倒れると北王はそのままストンピングでひかるのバストを狙っていった。
グニュ・・グニュ・・・「あんっ・・ああっ・・・あうっ・・」
その大きな胸を足で踏まれたり、蹴られたりしてひかるが足をバタつかせて藻掻くと、観客達からは歓声がおこっていった。
そして今度は、蹴ったまま足でひかるのバストを踏み付けていく北王。
「おらおらっ、苦しいか?・・・どうなんだよ・・・?」
その責めに、ひかるは足を時折バタバタしながら藻掻くが、悲鳴はあげずに北王の顔を睨み付けて耐えていた。
「何だ、その目つきは・・・おい?」
そのひかるの鋭い視線に気が付いた北王が、ひかるの髪の毛を鷲掴みにすると起こしていった。しかしひかるもまだダメージもあまり無いので、北王にまたもパンチの連打で攻めていくが、またもダメージを与えるよりもスタミナを奪われていく結果になっていった。
「はぁ・・はぁ・・くっ・・」
必死にパンチを出すが、次第にパンチの数も減ってくると、遂に北王の攻めが始まろうとしていた。
「ぐふふっ、弱いクセに頑張ったご褒美だっ・・おらぁぁぁ・・」
北王の叫び声がリングに響くと、次の瞬間にひかるの顔面にはヒザ蹴りが炸裂していった。
グシュ・・・「ぐはあぁぁぁ・・・」
北王のヒザが炸裂すると、ひかるはその可愛い顔を苦痛に歪ませて悲鳴をあげていった。
「はははっ・・いい悲鳴だなぁ、河村っ!もっと泣かしてやるぜっ!」
更に続けられていく北王の攻め。ひかるの顔面へヒザを入れていくと堪らずひかるはダウンしそうになるが、北王が髪の毛を掴んでそれを許さなかった。
グイッ・・・「ああんっ・・ああっ・・・」
顔面への強烈な蹴りで、意識が朦朧としているひかる。今まで鍛えていたボクシング、それも女子レベルでは無い衝撃にフラフラしていった。
「おらおらっ・・・リング下に落ちてみるか?」
その苦しむひかるをロープ際に北王は連れて行くと、リング下に敷き詰められた有刺鉄線の敷いてあるベニヤ板を見せつけると、ひかるは必死になって逃げようとしていた。
「んんんっ・・・あああっ・・・いやあぁぁぁぁ・・・」
まさに火事場のクソ力とも言うのか、ひかるが必死になって北王から逃げると、走り出して逃げようとするがリングでは逃げれるはずはなく、コーナーに追いつめられてしまった。
「どうしたんだよ・・・ロープを潜って逃げてみろよ・・・」
北王は、有刺鉄線があるから逃げられずに困惑するひかるに、ニヤニヤしながら追い込むと、まるでひかるが恐怖に怯えるのを楽しんでいるようだった。
「ああっ・・ど、どうしよう・・・こんなの試合じゃ・・・」
背中にコーナーの感触を受けて、ひかるは逃げ場を失っていくと、次の瞬間にお腹へ凄い衝撃を受けていった。
グシュゥゥゥゥ・・・「うげぇぇぇ・・・・ウップッ・・・」
そう、コーナーのひかるのお腹へ北王の前蹴りが炸裂していったのだった。いくら鍛えているとは言え、アイドルのひかるの腹筋を抉る北王の爪先。
更にその衝撃は腹筋を貫いて内蔵を直撃したのか、ひかるは胃袋から溢れるような間隔に必死に耐えていた。
「おっ・・女のクセに吐き出さなかったとは感心だぜっ!」
北王は、更に踏み込んでのボディブローをひかるの痛めつけたお腹へ叩き付けると、今度はひかるは口から大量の反吐を噴き出していった。
ビチャビチャビチャ・・・「うげげげげぇぇぇぇ・・・・うええぇぇぇぇぇ・・・・」
マットに大量に吐き出されていくひかるの胃の中の内容物。
「あらあら、神聖なマットを汚しやがって、お仕置きが必要だぜっ・・・」
そう言うと、座り込むひかるを起こすと、コーナーにひかるを磔にしていった。
「ゴホッ・・こほっ・・けほっ・・・く、苦しい・・・」
瞳に涙を浮かべて苦しむひかる。
しかしそのひかるの目の前に、北王は更に残酷な物を持ち出していった。
「くくくっ、前回の試合の時もコレは効果絶大だったからなっ・・・お前にも使ってやるよ!」
そう言うと、北王は有刺鉄線の巻かれた竹刀を持ち出してきた。
「なっ、何よそれはっ・・・ちょっと、反則でしょ・・やめてよぉぉ・・・ねぇ・・」
北王の手に握られた有刺鉄線竹刀を見て、ロープに腕を絡められて動けないひかるはジタバタと逃げようとしていたが、北王の餌食になるのは時間の問題だった。
まして北王は前回の試合で、有刺鉄線に目覚めたのか、今回はリング下と竹刀と言う形で持ち出していた。
「ふふふっ、まずはコレだなっ・・・ぐふふっ・・・」
自分の持ち出した竹刀に酔っているのか、北王は不気味な笑みを浮かべると、有刺鉄線の巻かれている竹刀をひかるのお腹へと突いていった。
グッ・・「ぎゃあぁぁぁぁぁ・・・いやあぁぁぁぁ・・・・・助けてぇぇぇ・・・」
竹刀を押しつけられると、ひかるは有刺鉄線の痛みで叫んでいった。
「まだまだ始まったばかりだぜっ!」
そう言うと、北王はひかるの83pの見事のバストに、白いビキニのブラジャー越しに有刺鉄線竹刀を押しつけていった。
「うぎゃあぁぁぁぁぁぁ・・・・」
またもリングに響くひかるの絶叫しての悲鳴。
「おらおらっ、もっと泣き叫べよっ・・おらぁぁぁ・・・」
北王の攻めと、ひかるの悲鳴が交錯するリングでは、遂に残酷ショーの始まりとなっていった。
次第に白いひかるのビキニのブラは赤いシミが増えていくと、北王は一旦ひかるの身体をコーナーから解放していった。
「いやあぁぁぁぁ・・・いっ、痛いっ・・・ううっ・・・こんなのって・・・」
ひかるはコーナーから解放させると、必死に逃げようとするが北王にまた捕まると、今度はその小さな身体を高々と持ち上げられていった。
「やっ・・・やめて・・・」
口をパクパクして怯えるひかる。しかし北王は容赦せずにマットに投げつけると、ひかるは悲鳴をあげるがそのまま俯せにしていくと、その細い53pのひかるの腰に、北王は巨大なヒップを降ろすとキャメルクラッチを極めていった。
「ぎゃあぁぁぁぁ・・・ぐるしいぃぃぃ・・・」
足を激しくジタバタさせて藻掻くひかる。
「ぐふふっ、これは痛いだろうなぁぁ・・・」
北王が呟くと、今度は有刺鉄線竹刀を持ち出してひかるの喉に食い込ませていった。
「いやああぁぁぁぁ・・・・」
喉から血を流しながら、ひかるは必死に有刺鉄線竹刀から逃げようとするが、逃げれなかった。更にひかるは、手が傷つくことも構わず素手で竹刀を持つと、有刺鉄線の苦しみから逃れようとするが、北王がそれを許さなかった。
「生意気な真似をしやがって・・・制裁を加えてやる・・・」
そう言うと、今度は有刺鉄線キャメルクラッチから解放してから、仰向けにしていった。
「なっ、何するの・・・・」
引き続き北王の巨体に潰されて動けないひかる。
「ふふふっ、お前の商売道具を壊すって事さっ・・・ふふふっ・・」
そう、今度は北王はひかるのバストに狙いを定めたようだった。
「やっ、やめて・・・そこは・・それだけは・・・・」
その北王の狙いに気が付いたのか、ひかるが怯えると、一気に北王が有刺鉄線竹刀をひかるのバストに押しつけていった。
グサッ・・「ぎゃあああぁぁぁぁぁ・・・・」
リングに響くひかるの悲鳴。有刺鉄線の棘がビキニの布きれの上から容赦なくひかるのバストを傷つけていった。
次第に押しつけられたビキニからは、赤いひかるの血が染み出ていた。
「ちっ、これは邪魔だぜっ・・・おらぁぁぁぁ・・」
そして北王が、そのひかるのバストを唯一守っていたビキニのブラを、一気に掛け声と共に剥ぎ取ってしまった。
「あうっ・・・ああんっ・・・・やめて・・・」
完全にトップレス状態のひかる。次には有刺鉄線を押しつけられると思って震えていると、北王はひかるに言い放っていった。
「ふふふっ、お前の見事なバストも、傷だらけにしてやるぜっ・・・ふふふっ・・・」
そう言うと、震えるひかるの両方のバストを押しつぶすように、横にして有刺鉄線竹刀を押し当てていった。
グサッ・・グニュゥゥゥ・・・「ぎゃあああぁぁぁぁぁ・・・・」
これには激しく頭を振って泣き叫ぶひかる。
ビキニを剥ぎ取られて、白くて美しいひかるのバストに、今度は有刺鉄線が直接傷つけると、乳房からは血が流れ出して女の急所のひとつの乳房を傷つけていった。
「おらおらっ、お前の商売道具が壊れていくぞ・・・河村ぁぁぁ・・」
更に凄い力で乳房に押しつけると、ひかるは足をバタバタして悲鳴をあげるが、乳房からは激しく流血していった。
「いやああぁぁぁぁぁ・・・・やめてぇぇぇぇ・・・お願いぃぃぃ・・・・オッパイが・・・」
必死になって許しを乞うように悲鳴をあげていくひかる。しかし北王の行為は止まらなかった。
「止めるわけないだろ・・・ぐふふっ・・・」
もう北王の押しつけている竹刀は、ひかるの乳房から流れ出す血を吸い込んでいたが、マットにも流れ出していった。
「ああああっ・・・・胸がぁぁぁ・・・オッパイが・・・壊れるぅぅ・・・」
続けて押しつけられる竹刀の激痛に、ひかるは泣いていくが北王は今度は乳房の先端の乳首に狙いを定めていった。
「ご希望通りに壊してやるぜっ・・・覚悟しろよ・・・胸デカ女!」
そう言うと、北王の竹刀は乳首を集中的に傷つけるように擦り付けられていった。
「ひぎぃぃぃぃ・・・・そ、そこは・・そこは・・・」
乳首への激しい責めに、ひかるは口をパクパクさせて怯えながら悲鳴をあげていくが、観客は北王へ更に歓声をあげて、北王も喜ぶかのように擦り付けていった。
「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・」
そしてひかるが一段と大きい悲鳴をあげると、ひかるの片方の乳首の端が傷つけられた事で、千切れ飛んでしまった。
激しく流れ出す血の所から、北王が千切れたひかるの乳首の一部を指で摘むと、それを泣き叫ぶひかるの目の前に差し出していった。
「コレが何だかわかるか・・・おいっ?」
その北王の言葉に、その摘まれている物体を見ると、ひかるは自分の乳首の一部とわかったのか、狂ったように叫んでいった。
「か、返してよ・・・返して、私の乳首っ・・おっぱいの一部を・・・返して・・・」
そのひかるの叫び声を楽しむかのような北王。
「わかったよ・・・返してやるぜっ・・・」
そう言うと、北王はその怪力から指で千切れたひかるの乳首の一部を握りつぶしてしまった。
「あああっ・・・私の・・・乳首がっ・・・オッパイの一部が・・・」
目の前で潰された自らの身体の一部に、ひかるはショックを受けているが、その瞬間に北王の身体が浮かんでいった。
「今度はお腹を潰してやるぜぇぇぇ・・・」
その北王の言葉をひかるが驚くと、次の瞬間にひかるのお腹を北王の身体が押しつぶしていった。
グシュ・・「ぶへえぇぇぇぇ・・・・」
その圧力にひかるの口からは、激しく反吐がまたも吐き出されると、リングの上には酸っぱい臭いが漂っていった。
「くっ・・臭いなぁ・・お腹はダメか・・・ふんっ!」
そう言うと、北王がひかるの髪を掴んで起こすと、その傷つけられてボロボロにされていったひかるのバストを両手で握っていった。まさにバストクロー攻撃だった。
グニュウゥゥゥ・・・「ああああんっ・・・」
もう意識も朦朧としているのか、ひかるは虚ろな目で宙を見つめると、今度はひかるの両足がマットから浮き上がっていった。
そう、北王の怪力でバストクローからバストハンキングツリーとも言うべき技へとなっていった。
ニヤニヤしてひかるを吊り上げる北王。その両手の指の間からは、ひかるの傷つけられたバストから流れ出る血が溢れていた。
「ふふふっ・・・簡単には気は失うなんて真似はさせないぜっ!」
北王がひかるをその激痛から解放すると、ひかるはマットに倒れ込んでいった。
そして倒れたひかるの両足を抱えると、グイッと北王は逆エビ固めを極めていった。
「ぎゃああぁぁぁぁん・・・あうぅぅぅぅ・・・・」
激しくマットを叩いて悲鳴をあげるひかる。
「ふふふっ、乳房の次はやっぱりココだなっ・・・ぐふふっ・・」
そう言うと、北王は片手でひかるのビキニショーツに手を掛けると、少しずつずらしてひかるのビキニを完全に脱がそうとしていた。
「いやあぁぁぁ・・・そこは・・そこは・・・女の子の大事な・・・所・・・」
抵抗したくても、腰へのダメージも大きく、まして北王に押さえられてただビキニを剥ぎ取られていくひかる。
「ほうらっ、アイドル河村ひかるの大事な所のご開帳だぜっ!」
そう言うと、剥ぎ取ったビキニショーツを観客席に投げていく北王。
そして逆エビ固めの体制で観客の視線に晒されていくひかるの秘部。
北王は更に逆エビ固めで抱えているひかるの両足を広げるようにして、股間の付け根のひかるの秘裂を観客から更に見えるようにしていった。
「いやあぁぁぁぁ・・・見ないでぇぇぇ・・・・こんなのやめてよぉぉぉ・・・」
ひかるは激痛と、恥ずかしさから泣き叫ぶがそれを助長するよに観客の声がひかるの耳に入っていった。
「うおぉぉうっ、ひかるちゃんの大事な所がハッキリ見えるぜっ!」「以外と使ってないのかもなっ!」
色々な卑猥な言葉が飛び交うと、ひかるは顔を紅潮させて耐えていた。
そして今度は、北王はひかるを技から解放すると、仰向けの体制にしてから股裂き攻撃を仕掛けていった。
「いやああぁぁぁぁぁ・・・・」
またも泣き叫ぶひかる。もう気の強いアイドル像のひかるの姿は微塵もなかった。
そして北王は、片足でひかるの片足を踏んで固定して、片足を片手で掴むと、残りの手で有刺鉄線竹刀を持ちだしていった。
「ふふふっ、これからどうするかわかるか・・・おらぁぁ・・」
そう言うと、倒れているひかるに見えるように有刺鉄線竹刀を差し出すと、ひかるは恐怖に怯えていった。
「ほお〜っ、見事な物を持っているじゃないか?彼氏は居るのか?いたら当分は気持ちいいことは出来無いなぁ・・・まぁ、どれ位かわからねぇけどなっ!」
そう言うと北王はひかるの股間の付け根へと竹刀の先端を近づけていった。
「ひっ・・・そ、それだけは・・・許して・・ください・・・」
突然に北王に哀願するひかる。そう、これから行われる北王の攻撃がわかったらしい。
「ふふふっ・・・いくぞっ・・・覚悟はいいか?」
次第に近づく竹刀の先端。ひかるからもその竹刀の動きが見えているので恐怖に怯えるが、あまりの恐怖に股間から黄色い液体を流し出すと、マットに水たまりを作っていった。
「汚い奴めっ!」
そして遂に、ひかるの秘裂に竹刀が挿入されていった。
ズブッ・・・ググッ・・「ひぎゃああぁぁぁぁぁぁ・・・・・あああああぁぁぁぁ・・・・やめてぇぇぇぇぇぇ・・・・・」
あまりに激しいひかるの悲鳴。
「ほらほらっ、いい泣きっぷりだぜっ・・・ふふふっ・・・」
更にひかるの大事な所に挿入された竹刀を回していく北王。その竹刀の棘がひかるの股間の花弁や、中を傷つけると大量の血が流れ出してマットに更に赤い血の吸わせていった。
「ひぎいぃぃぃぃぃぃ・・・・・」
あまりの激痛に、ひかるは意識を朦朧とさせていくと、北王がフィニッシュとばかりにピストン運動を激しく仕掛けると、遂にひかるは失神してしまった。
「ひぎぃぃぃ・・・あうっ・・・」
その気を失ったひかるの股間から、北王が竹刀を抜き出すと、股間からは激しく出血していた。
そしてヒクヒクと身体を痙攣させているひかるのバストに北王が足を乗せると、観客に向かってガッツポーズをしていった。
「カンカンカンカン!」
ここでゴングが打ち鳴らされるが、北王はリング下に降りていくと有刺鉄線の敷き詰められた板をリング上に乗せていった。
「おいっ・・勝負はついたのに・・・」「まさか・・・」
観客達も戸惑いの声を上げていくが、北王は有刺鉄線ボードの上にひかるを寝かしていった。
グサッ・・「あんっ・・ああああああっ・・・・・」
その激痛によってひかるは意識を取り戻すが、今度は目の前に有刺鉄線の張られた板が迫っていた。
そう、北王がリング下の有刺鉄線ボードでひかるをサンドウィッチにしようとしていたのだった。
グサッ・・・「ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・」
今度は前から後ろから、顔といい傷つけられたバストと言い、お腹から背中とひかるの全身に食い込む有刺鉄線の棘。
そして仕上げにと、北王が板の上に飛び乗ると、ひかるはまたも失神してしまった。
「カンカンカンカン!」
激しく打ち鳴らされていくゴング。ここでひかるの地獄は終わりを告げていったように思えたが、北王は完全に失神したひかるを、観客に見えるように観客席側に向けてロープに磔にしていって退場していった。
そして残されたひかるは、観客の目に晒されるようにして全身から血を流して気を失っていた。
そしてひかるが女の機能を取り戻すのに、暫く時間がかかった事は、言うまでもない。
そして、北王も遂に有刺鉄線などで女子選手を痛めつける事に目覚めてしまったようだった・・・。


第3試合

「きょ、今日こそは・・・あの女に復讐し、してやるぜぇ・・・」
控え室で叫ぶ男、山崎方正。そう、前に山口まりやに痛めつけられて、まして急所まで痛めつけられたので復讐心は凄い物だった。そして今回、またも特別試合が組まれることになったが、今回は助っ人が実は来ていた。
「こらぁぁぁ、山崎!今日はあの女を痛めつけてやらんかい!」
そう、師匠格の松木人志と、プロレス技と女として攻めるためにプロレスラーのチョコット向井が来ていた。
「俺もああいう男勝りの女って言うのは嫌いだから、今日は痛めつけてやるぜ!」
山崎に向かって呟く向井。遂に現役レスラーまでを呼び寄せて、山崎の復讐が始まろうとしていた。
そして別の控え室では、山口まりやが特別試合が組まれると言うことで、元はグラビアアイドルだけあって、黒いビキニに着替えてその時を待っていた。
「ふん、あの男も懲りない奴だよ・・・徹底的にやってやる!」
まりやも気合いを入れてリングに向かっていくと、既にリングでは山崎が待っていた。
「それでは・・・」
リングアナが早くもコールをしようとすると、突然にまりやがマイクを握っていった。
「コールなんかいらないんだよ・・・それよりさぁ、山崎ぃぃ、お前恥ずかしいと思わないの?」
まりやが山崎に詰め寄っていった。
「なっ、な、なんだよ・・・きょ、今日は、お、お、お、お前に、かっ、かっ、勝ってやるよ・・・そしてお前の恥ずかしい姿を、観客に見せてやる・・・」
目の前のまりやに怯えながらも、山崎が言い放つと観客が歓声をあげていった。
「恥ずかしい姿だって・・・何よ、脱がすとでも言うの?・・・上等じゃないの、やってもらおうじゃないの・・・アンタにできるならねっ!」
まりやも今日の山崎の策略を知らずに挑発に乗っていった。
「そ、そ、その言葉・・・忘れるなよ!」
そして山崎とまりやがコーナーに戻るとゴングが鳴らされていった。
「カァァァァン!」
そのゴングと共にリング中央で睨み合う二人。そして最初に手を出したのは以外にも山崎だった。
バシィィィ・・・「喰らええぇぇぇぇ・・・」
突然にまりやの顔面にパンチを入れていく山崎。しかしまりやは黙ると、次の瞬間に山崎にエルボーを顔面に叩き込んでいった。
グシュ・・「上等じゃないの!」
まりやが叫ぶと、そのままフラフラする山崎に組み付いてロープ際まで押していった。
「ふざけるなよ・・・クソ女!」「だらしないクセに偉そうな事を言うなよ、バ〜カ!」
お互いの罵声が飛ぶ中、まりやが喧嘩慣れしてるのか、ヒザ蹴りを出して山崎の脇腹を攻めると、山崎の顔が苦痛に歪んでいった。
「あらあら、もう終わりなの?もっと楽しませて頂戴よ!」
その様子に、まりやは距離を取るとボクシングの真似でジャブを山崎の顔面・お腹などへと打ち込んでいった。
「な、なっ、なめんなぁぁぁ・・・・」
しかし山崎も意地になると、時折まりやに反撃するが、スグにカウンターを打ち込まれるとダウンしてしまった。
「おらおらっ、ギブアップ?」
倒れ込んだ山崎に容赦ないストンピングを入れていくまりや。
「ぐっ、ぐうっ・・・あががっ・・・」
この攻撃にもう危ない状態の山崎。その様子に遂に松木がリングサイドから叫んでいった。
「方正ぃぃ、リング下に落ちろぉぉぉ・・・」
その松木の言葉に、山崎がリング下に転がり逃げていった。
「逃げるんじゃねぇよぉぉ・・・・」
まりやもその山崎に怒りの表情でリング下に降りていくと、更に倒れ込んだ山崎の背中などへストンピングを喰らわすと、更に顔面へ蹴りを入れて大の字にしていった。
「ぐわああぁぁぁぁ・・・・あうっ・・・」
悲鳴をあげる山崎。今大会では続けて女子選手が痛めつけられているのに、この試合は反対だった。
「ほらほら、男のクセに悲鳴なんかあげやがって、泣かしてやろうか?」
しかし、その優勢のまりやの背後からガッチリした体格の男が近づいていた。そう、向井だった。
「おい、お前の方こそ泣かしてやるぜっ!」
その言葉に振り返るまりや。
「なっ、何よ!アンタ誰よ!」
そう言うまりやに、向井は手を伸ばすと髪の毛を鷲掴みにしてからエプロンサイドにまりやの顔面を叩き付けていった。
バシッ・・バシッ・・バシッ・・「あうっ、くうっ・・・何よ、反則じゃないの!」
顔面を打ち付けられても言い返していく気の強いまりや。
「おうおう、気の強いお嬢ちゃんだこと・・・こわこわ・・・」
向井は更にリングの中にまりやを入れると、自らもリングに入っていった。
「ちょ、ちょっと・・・これって試合にならないでしょ・・・」
観客などへアピールしていくまりや。しかし誰も試合を止めようとはしなかった。
「ふふふっ、そう言うことさっ・・・タップリと可愛がってやるから覚悟しなっ!」
向井が少しずつ距離を詰めると、まりやは驚きの表情ながら構えていた。
「ふんっ、インチキレスラーのくせに!」
まりやが言い放つが、その言葉に向井がキレた。
「何だと・・・お前、今日はそれなら女としても攻めてやるぜっ!」
一歩踏み込んでから強烈なミドルキックをまりやのお腹へ入れていった。
グシュ・・・「うげぇぇぇぇ・・・・・」
この蹴りには、まりやは倒れるとお腹を押さえて四つん這いになっていった。口からは透明の液体をリングに垂らしていたが、向井はそのまま今度は下からまりやのお腹を蹴り上げていった。
バシュ・・・「ぎゃああぁぁぁぁぁ・・・ぐっ、苦しい・・・」
今度は大の字状態になるまりや。向井のパワフルな2発の蹴りをお腹へ受けてグロッキー状態に追い込まれていた。
「ふふふっ、所詮は女って事だぜ・・・それじゃストリップでもいくかぁぁ?」
そして倒れているまりやの上に座ると、ビキニのブラに手を掛けて、一気に剥ぎ取ってしまった。
ビリッ・・「おうおう、いいオッパイしてるじゃねぇか?」
向井がニヤニヤする見つめていく。
「ゲホッ・・ゲホッ・・うるせえんだよ、変態男!」しかしまりやはまだ言い返していた。
「元気があっていいぜっ・・・おい、お前も何かしてやれよ!」
向井が言うと、リング下からは山崎が上がってきた。
「ぐっ、苦しかったぜ。や、山口!お前のアイドルとしての人生は今日で終わりにしてやる!」
調子に乗ると、続けて向井に山崎が言い出した。
「向井さん。それではコイツの胸を徹底的に痛めつけてください!」
そう言うと、向井がまりやのバストを揉みはじめた。
「やっ、やめろよ・・」
次第に焦っていくまりや。しかし向井はその焦るまりやのバストの感触を楽しむように揉んでいった。
グニュ・・グニュ・・・「おい、これで今まで何人の男を楽しませたんだ?まぁ、その性格じゃあダメか?」
まりやに呟くと、向井のプロレス技が炸裂していく事になった。
「な、何よ・・・」
まだ元気のあるまりや。そのまりやを起こすと突然に向井が両手でバストクローで攻めていった。
「いっ、痛い・・やめろよぉぉ・・・」
その悲鳴をあげるまりやに、そのまま腕に力を入れると、少しずつ持ち上げていった。そう、バストハンキングツリーであった。
「ああんっ・・くうっ・・・胸がぁぁ・・・」
胸の脂肪分だけで体重を支えられて、まりやは胸に激痛を感じていたが、更に向井は揺さぶって痛めつけていった。
「おらおら、どうなんだよ・・・胸が千切れるぞっ!」
更に向井は、そのままマットに豪快にまりやを叩き付ける、言うなればバスト式パワーボムで痛めつけると、まりやは受け身も取れずに一瞬意識が飛んでしまうほどの衝撃にグロッキー状態になっていた。
そのまりやを許さずに、向井が俯せにしていくと、今度は背中に座ってからまりやの腕をヒザに掛けると、キャメルクラッチに極めていった。
しかしタダのキャメルクラッチではなく、バストを揉みながらのバストクラッチとも言える技だった。
「ふふふっ、これは女子レスラーには快感と苦痛を味合わせる拷問技だぜっ・・・ふふふっ・・・」
向井はその言葉通り、背中を反らすのとまりやの乳首を攻めると言うダブル攻撃をしていった。
「ううっ・・こ、こんな事で・・・感じる訳・・・ないだろっ・・」
まりやもバストへの感触と、苦痛の中で言い返すが、向井は続けて言い放っていった。
「ほ〜うっ、そんな事言ってても身体は正直だなぁ、堅くなってきてるし・・・」
その向井の言葉に顔を赤らめるまりや。しかしそのまりやに続いて恐怖の攻撃が待っていた。
「あんっ・・・」
突然変な声をあげるまりや。そう、山崎が無防備のまりやの股間へ手を伸ばしていったのだった。
「おらおらっ、ここはどうだぁぁ・・・・」
山崎は、まりやが抵抗出来ないのをいいことに、ビキニの上から布に隠されたまりやの秘裂に指を這わせると、刺激を与えていった。
「いやあぁぁぁ・・・ああっ・・・・汚いなぁ・・・やめろよ・・・」
必死に抵抗するまりや。
「き、汚いだって・・・ふ、ふ、ふざけるなよ・・・」
山崎は更に激しく股間へ刺激を与えると、まりやも言い返した。
「そんなやり方で感じてたまるかよ!ボケッ!」
そのまりやの言葉に、向井も口を挟んでいった。
「山崎。コイツに反省でもさせるか?」
技を解くと、今度はレスラーらしく吊り天井固めに極めていった。
「きゃああぁぁぁ・・・」
この拷問技に今度は女らしく悲鳴をあげるまりや。
そのバストを揺らしながら悲鳴をあげるまりやに、山崎が嫌がらせのように言い放った。
「ほらほら、コッチはどうだぁぁ・・・」
またも無防備になったまりやの股間へ手を伸ばしていった。
パックリ開いているまりやの股間。しかしビキニの上からまたも指を這わせると、次第に山崎は調子に乗ってビキニと太股の間から指をビキニの中に入れていった。
「いやああぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」
これには狂ったように叫ぶまりや。
「ぐふふふふっ・・・さすがにココはダメかぁぁぁ・・・」
その山崎の言葉に、まりやも言い返す。
「ふざけるなよ・・・お前なんかに・・・汚ねぇ指でやるんじゃねぇよ!」
山崎相手だと言い返すまりや。
「おい、山崎!コイツをもっと辱めてやろうぜっ・・・」
向井が言うと、技を解くがまりやはプロレス技の連続に、倒れたままだった。
「ま、まずは、もっと痛めつけましょうよ・・・」
山崎は、前回に急所を潰された恨みもあって、向井に言っていくと、向井も納得して表情で倒れているまりやを起こしていった。
「ふふふっ、悪く思うなよ・・・」
そう言うと、向井がまりやを抱えるとアトミックドロップでまりやの股間を潰していった。
「ぎゃああぁぁぁ・・・」
この股間攻撃にはまりやも悲鳴をあげていった。
そして何度も決められていくまりやの股間潰しのアトミックドロップ。向井が放すとまりやは股間を押さえて倒れ込んでしまった。
「次は・・・こうだっ!」
そう言うと、続けて向井が逆エビ固めを極めると、片手で足を掴んで、片手ではまりやの股間へまたも指を入れて刺激を与えていった。
「あううっ・・・・あんっ・・ああっ・・・・」
さすがはレスラーと男優の向井。山崎と互いまりやの女としての弱点を上手く攻めると、まりやの秘裂からは蜜が溢れてきていた。
「ふふふっ、所詮は強がってもお前も女って事だぜっ・・・」
向井はまりやの股間の様子を確認すると、技を解いていった。
そして、まりやの身体を逆さにして持ち上げると、まりやの足を自らの肩に掛けて、ブラブラしているまりやの、ビキニショーツを遂に脱がしていった。
「ふふふっ、観客の皆さんにも公開してやるか・・・ふふふっ・・・」
そう言うと、向井はグッタリするまりやのヘアーから、股間の付け根の割れ目までを見せつけるようにリングを回っていった。
「いいぞ〜っ、丸見えじゃん!」「うわ〜っ、山口のアソコだ!」
観客席からは歓声が上がると、まりやは強がっていたが涙をマットに垂らしていった。
「泣いてるのかよ・・・おいっ・・!」
そのまりやの顔面を爪先で突っつきながら、山崎が言うと、まりやは黙って耐えていた。
「ふふふっ、それじゃあ現役アイドルの味見と行くかぁぁ・・・」
向井が叫ぶと、丸出しのまりやの股間へ顔を押しつけて、舌で攻撃していった。
「ああっ・・・ああんっ・・・や、やめてよぉぉ・・・・ちょっと・・・」
次第に向井の舌使いに感じているのか、まりやの抵抗は無くなっていった。
「まぁ、今日は撮影じゃないから・・・・プロレスで決めてやるか!」
ボソッと呟くと、感じ始めていたまりやに容赦なく受け身の取れないパイルドライバーを決めていった。
グシャ・・・「あんっ・・・」
その一撃に、まりやは失神していまった。向井が放して立ち上がると、全裸状態で大の字になってリングに倒れているまりや。
「どうするんだ?」
向井は見ていた山崎に聞くと、山崎が答える。
「ど、どうせなら、観客の目の前で犯してやりましょうよ・・・」
その言葉、向井も言い返す。
「お前がやればいいじゃんか。俺は気を失った女を犯るのは気が進まないから・・・」
向井はまりやをロープに連れて行くと、観客側に向けて両腕をロープに絡ませて失神しているまりやの身体を固定していった。
そして観客達の視線の中、全裸にされたまりやの腰に山崎が手を回していくと、自らのトランクスを脱がしてその凶器を準備していった。
その光景に、松木もリングに上がると失神しているまりやの頬を叩いて意識を戻していった。
「おらぁぁ・・・おきんかい!お前が馬鹿にしていた山崎に犯される気分はどうじゃああぁ・・・」
その言葉に、まりやは狂ったように暴れ出した。
「山崎なんかいやぁぁぁ・・・ふざけろよ・・汚い物出してるんじゃねぇぇぇよ!」
ロープで腕を固定され、動けないが必死に藻掻くまりや。
「覚悟しろよぉぉ・・・」
そう言うと、山崎はまりやの秘裂に自らの凶器を差し込んでいった。
ズブッ・・・「ああんっ・・・いやあぁぁぁ・・・」
遂に山崎に入れられて、まりやは悔し涙を流しながら観客の前で犯され続けていった・・・。
暫くの間、まりやの地獄の時間は続いていったが、山崎の行為が終わると、そのグッタリするまりやをロープに固定したまま山崎は絶叫していった。
「よっしゃあぁぁぁぁ・・・・勝ったぜっ!」
しかし観客達は、まりやの壮絶レイプシーンには盛り上がっても、山崎が勝った事には声援も起きなかった・・・。
遂に、やり方はどうあれ山崎の復讐は終わりを告げていった。


第4試合

そしてリング上には、遂にあの藤原紀華がコーナーでゴングを待っていた。そのモデル時代からの自慢のT171B88W58H89と言うダイナマイトボディを、白いビキニに身を包んでの登場に観客は溜息を飲んでいた。
まして、紀華は格闘技ファンでもあり、当然数々の格闘家などからも練習を受けていて、その女性としては大きな身体からは、格闘能力も馬鹿には出来ないレベルだった。
そして対戦相手を待っていると、リングに向かって何人かの男の姿があった。そう、クレイジー柔術から、またあのボイラークレイジーを中心として、あのクレイジートレインと言われる一族で隊列を作って入場してきた。
流石に、紀華相手となれば女同士の試合だと相手が居なかったらしく、男の柔術家のボイラーが選ばれたと言う事だった。しかし体重も体格もあまり変わらず、ボイラーの方が小さくみえる程だった。
「ただ今より、特別試合を行います!青コーナー、ボイラー〜クレイジー〜っ!・・・赤コーナー、藤原〜紀華〜っ!・・・なお、この試合は特別ルールで、ロープブレイクは認められ、勝負はギブアップかKOのみでの決着とします!」
そのコールに、観客達は歓声をあげていった。
「負けないわ・・・」
紀華はコーナーから早くも鋭い視線でボイラーを睨んでいた。
「辱めてやるぜ!」
対してボイラーは、紀華の身体を見て最初から水着を剥いでいく事を考えているようだった。
紀華のセコンドは居なかったが、ボイラー側にはあの、ボイスクレイジー、バイアンクレイジーと言うクレイジー一族がついていた。
「カァーン!」
遂にゴングが鳴らされると、紀華とボイラーがリング中央に向かって出ていった。
「ふふふっ、いい胸してるじゃねぇか!」
既に外道格闘家のボイラーが紀華に言い放つと、紀華も言い返す。
「何言ってるのよ・・・おかしいんじゃないの!」
既に怒りを露わにしていった。
そしてボイラーが少しずつ構えて距離を詰めると、紀華もタックルを警戒してか引き腰で構えていた。
そして遂にボイラーが自慢のタックルで素早く紀華の身体に密着しようとした次の瞬間・・・
バシィィ・・「もらったぁぁぁ・・・!」
そう、ボイラーのタックルに合わせて紀華が潰していくのと同時に、ヒザ蹴りをボイラーの顔面に入れたのだった。
紀華が放すと、ボイラーは焦って距離を取って顔を押さえていたが、続けてローキックから顔面狙いの掌打で早くもボイラーをロープ際に追い込んでいく紀華。
しかしボイラーも意地になって紀華に組み付こうとしてタックルをまたも仕掛けるが、紀華が上手く逃げ回りながら掌打、蹴りで攻めていった。
「どうしたのよ・・・ほらっ・・来なさいよ!」
既に余裕も見える紀華。
ボイラーも焦りの表情で攻めるが、紀華に押さえられてしまっている様だった。
そしてボイラーが一旦距離を置いていくと、紀華も距離を置いたままボイラーの出方を見ていた。
顔から汗を流すボイラー。無言のまままた距離を詰めていくと、一気に低空タックルを仕掛けるが、またも紀華は上から押さえつけるように潰していった。
そしてボイラーを潰すと、格闘技大会等では危険視されている寝技状態でのヒザ蹴りをボイラーに叩き込む紀華。
「どう、ギブしなさいよ・・・!」
紀華が叫ぶが、ボイラーも意地で我慢するが、次第に紀華のヒザが決まっていくと動きが鈍くなっていった。
すると今度は、紀華が体制を入れ替えるとボイラーを起こすと、肩と股間へ手を回して一気に持ち上げると、ボディスラムでマットに叩き付けていった。
更に苦痛の表情のボイラーの喉へ強烈なギロチンドロップを叩き込むと、ボイラーは喉を押さえて藻掻き苦しんでいった。
「ほらほら、逃げないでちょうだいよ!」
続けてボイラーの髪を掴むと、ヘッドシザースをきめていく紀華。紀華の太股がボイラーの首を締め上げていくと、ボイラーは足をバタバタして苦しんでいた。
「ギブ、ギブアップ?・・・絞め落とすわよ!」
時折腰を浮かしたりして苦しめていく紀華。
「うぐぐっ・・・うぐっ・・」
流石にこの攻めにはボイラーも呻き声をあげて苦しむと、セコンド達の表情も険しくなっていた。
「これはどうかしら・・・格闘家さん?」
更に紀華が、足を離すとボイラーに今度はキャメルクラッチを極めていった。
両足をボイラーの脇の下にフックして、上半身を揺さぶりながらも、ボイラーの鼻の穴にも指を入れてギブアップを迫っていく紀華。
「ほらっ・・ギブアップするの、しないの・・・ねぇ・・」
しかしボイラーも激痛に朦朧としながらも耐えていた。
「強情なのねっ・・・いいわっ、私のプロレス技の練習台になってもらうから!」
耐えるボイラーを放すと、今度は起こしてからヘッドロックで締めつけていった。
「ふふっ、プロレスって言うのは反則もいいのよ・・・わかる?」
そのままボイラーを捕まえたまま走り込むと、コーナーポストにボイラーの顔面を叩き付けていった。
バシィィ・・「うわああぁぁぁ・・・ぐはっ・・」
流石にボイラーは呻き声をあげて倒れ込むと、紀華のストンピングが顔面といい、全身に叩き込まれていった。
バシッ・・バシバシッ・・「ほらほらっ、ギブアップしなさいよ!」
紀華の激しい攻めに、観客達は歓声を上げていくが、内心は紀華の裸体が拝めると期待していた観客が多いだけに、何とも言えない気分の者も多いみたいだった。
その雰囲気を感じ取った参謀格の男は、突然にセコンドに付いている二人に準備する様に伝えていった。そう、紀華をクレイジー一族に倒させるために策略を考え出したようだった。
そうしている間にも、リング上ではボイラーを紀華が攻め立てていた。
「こういうのはどうかしら!」
紀華が叫ぶと、ボイラーをロープに振ってから勢い良く返ってくるボイラーの顔面に勢いのある掌打で打ち抜いていった。
バシィィィ・・「ぐわああぁぁぁぁ・・・」
この慣れない攻撃に顔面を押さえて倒れ苦しむボイラー。
「ギブアップしないなんて、一族の誇りって言うのも大変ね!」
更に紀華がボイラーを起こすと、顔面へのヒザ蹴りでダウンさせていった。
「うぐぐっ・・・ち、畜生・・・憶えてろよ・・・」
ボイラーの表情が更に険しくなると、紀華が一気にその大きなヒップでお腹を勢い良く潰していった。そう、ヒップドロップを仕掛けていった。
グシュ・・「うおっぷ!・・うぷっ・・・」
これには堪らずボイラーは口から胃液を吐きだしてしまうと、紀華は呆れ顔で立ち上がっていった。
「これ以上試合を続けても意味はないわ!・・・ギブしなさいよ!」
その紀華の問いかけに沈黙するボイラー。
「そう、次は何がいいかしら?」
仕方なく紀華が軽量なボイラーを持ち上げると、ブレーンバスターで投げてから一気に起こしてから、ボイラーの身体に絡みつくようにしてコブラツイストを仕掛けていった。
一気にボイラーの顔に焦りが見えると、全身への激痛と、背中へ当たる紀華のバストの感触に悩まされながらボイラーは耐えていたが、苦痛の呻き声をまたあげていた。
「あうっ・・・ぐうっ・・・」
その言葉を聞いて、紀華が仕上げにとばかり身体を揺さぶり掛けて極めていった。
「ほらほら、ギブしなさいよ・・・ほら、どうなのよ!」
紀華の問いかけに、技の痛みからは解放されたく、バストの感触は味わいたいボイラーは困っていたが、ここで突然にアナウンスが流された。
「試合中ではありますが、藤原選手の力があまりにも強いので、ここで変則マッチに変更となります。セコンド二人もタッグパートナーとしてボイラー選手と組んでもらいます。」
そのアナウンスに驚く紀華。
「そ、そんなのって・・・一対一なら・・・」
困惑気味の紀華が、コブラツイストで締め上げるが、ボイスとバイアンがコーナーで準備していたが、紀華の焦りと、ボイラーの汗で滑ってボイラーが紀華の技から逃げ出した。
今まで無言だったボイラーが口を開いていった。
「ふふふっ、そう言うことだ・・・散々好き放題しやがって・・・覚悟しなっ!」
そう言うと、コーナーに走っていくとバイアンにタッチした。
「へへへっ、お前みたいな美人と一戦出来るとは、ナイスだぜっ!」
バイアンが得意の構えから一気に紀華に近づくと、紀華も構えていった。
しかし、紀華もボイラーを攻め立てていたので、疲労の色が見えていた。
「顔色が悪いぜっ・・・ふふふっ・・」
バイアンは紀華の疲れているのがわかったのか言い放つと、紀華も強がって言い返した。
「ふんっ、上等じゃないの・・・掛かってきなさいよ!」
言葉では言うが、その身体を包み込む白いビキニは汗で湿りだしていた。また、その豊かな胸の谷間にも汗が流れ出していたが、バイアンは手を出さなかった。
「どうしたのよ・・・」
逆に紀華が距離を詰めると、今度はバイアンの素早いタックルが決まっていった。
「きゃ!」
思わず声をあげる紀華。そう、もし一対一だったらバイアンのタックルも切れたであろうが、疲れとバイアンのタックルの勢いに倒されてしまった。そしてバイアンが体制を入れ替えると、馬乗り状態になっていった。
「おおっ・・いい胸してるじゃねぇか!」
バイアンが紀華のバストに声をあげると、紀華はブリッジ気味に返したいが、バイアンのボディコントロールの前にはただ体力を消耗するだけだった。
「元気があっていいぜっ!まずはそのバストから攻めさせてもらうぜっ!」
そう言うと、バイアンが一気に紀華の88pの見事なバストへ、ビキニの上からパンチを落としていった。
ブニッ・・ブニュ・・ブニュ・・「たまんないぜっ!この感触・・・」
バイアンが喜びながら攻めると、上下左右にひしゃげて変形していく紀華のビキニに包まれたバスト。紀華はバストへの衝撃でその美しい顔を苦痛に歪ませていった。
「う〜ん、俺様もプロレスに興味があるから、プロレス技で攻めさせてもらうぜっ!」
そう言うと、バイアンが紀華にキャメルクラッチを仕掛けていった。
「いっ、いやあぁぁぁ・・・く、苦しい・・・」
バイアンに顎を掴まれて上半身を反らされ、ビキニに包まれたバストを揺らしながら紀華が苦痛の声を漏らしていくと、その光景に堪らずボイスがリングインしていった。
そしてキャメルクラッチで苦しむ紀華の目の前に行くと、その苦痛に歪む紀華の表情を楽しむかのように見ていった。
そして手を挙げて観客にアピールすると、一気に無防備状態の紀華のバストへ激しい蹴りを入れていった。
グニュウウウゥゥゥ・・・「あうううっ・・・」
口を押さえられながらも、バストへの攻めで悲鳴をあげる紀華。しかしバイアンは放さずに反らしていくと、またも胸を揺らして苦しんでいた。
すると今度は、紀華が身体を大きく仰け反ろうとしていた。そう、ボイラーが背後から来て紀華の股間へビキニ越しに指を這わしていったのだった。
「ひゃああぁん・・・何よ・・・」
今度はバイアンが髪を掴んでいると、紀華は声をあげた。
「ふふふっ、俺たちに勝てるかな?」
そう言うと、バイアンは技を解いて距離を取っていった。そしてボイラー、ボイスも距離を取っていった。
「そ、そんな狡い事して勝って・・・嬉しいのあなた達?」
紀華がフラフラして立ち上がると、囲む3人に言い放つ。しかし逆に言い返す3人。
「俺たちはルールを変えてでも、何をしても勝てばいいんだよ・・・ふふふっ・・・」
そう言い返されて怯えていく紀華。
すると、ボイスが一気にタックルで倒すと、ボイラーとバイアンが紀華の腕を掴んでいった。
「ふふふっ、元気があるみたいだが、痛めつけてやるぜ・・・徹底的になっ・・」
そうボイスが言うと、ボイラーとバイアンが紀華の両腕に一気に腕拉ぎ逆十字固めを極めていった。
「ああんっ・・・ううううっ・・・・イッタアァァァァァ・・・い・・・」
ダブルの腕拉ぎに叫び声をあげていく紀華。しかし二人は更に腕を極めていくと、紀華の額からは脂汗が流れ出ていた。
この凶悪な格闘家二人に腕を極められて、藻掻き苦しむビキニ姿の美女の姿に観客達は何とも言えないエロティズムを感じているようだった。
更に、残るボイスが立ち上がると、無防備な紀華の足を掴むと、そのまま足4の字固めを極めていった。
「ぎゃあああぁぁぁぁ・・・いやあぁぁぁぁ・・・ギブ・・ギブアップ!」
流石の紀華も、この3人掛かりの攻撃にあっさりとギブアップと叫ぶが、ゴングはおろか誰も試合を止めようとする者はいなかった。
「残念だなぁ、ギブは認めねぇんだよ!」
ボイスが喜ぶように紀華に言い放つと、紀華が叫んだ。
「何でよ、負けでいいからギブアップよ!・・・ギブって言ってるでしょ!」
両腕と足まで極められて悲鳴をあげている紀華。
「おい、黙らせろ!」
ボイスがそう言うと、ボイラーとバイアンは腕を放してから、今度は腕を足で固定すると、動けない紀華のバストを片方ずつ握り始めていった。
グニュウゥゥゥ・・・「いやあぁぁぁぁぁ・・・」
悲鳴をあげて苦しむ紀華。
「この感触、堪らないぜっ・・」「いい胸だなぁ、揉み応えがある胸だ!」
紀華のバストを掴む二人は口々に紀華のバストの弾力に驚きの声をあげていた。
「やめてよ・・こんなのプロレスじゃないでしょ・・・」
観客の目の前で、胸を揉まれる恥ずかしさから紀華が必死に抗議するが、誰も聞くはずもなかった。
「そろそろお前のバストを拝ませてもらうか・・・」
そして遂に、ボイスは紀華に迫るとバストを隠していたビキニのブラジャーに手を伸ばしていった。
「いっ・・いやっ・・やめてよぉぉ・・・そんな事っ・・ねぇ・・ちょっと・・・」
迫るボイスに必死な表情で言い放つ紀華。流石に強きの姿勢の紀華も、ビキニ剥ぎの恐怖には弱気になっていた。
「覚悟しなっ・・」
ボイスが呟くと、バイアンがボイスに言い出す。
「兄貴っ!早くその巨乳を拝ませてくれよっ!」
そう促すと、一気にボイラーとバストに当てた手を放すと、一気にボイスがビキニを剥がしていった。
ポロンッ・・「いやああぁぁぁぁぁ・・・・」
紀華の一段と高い悲鳴が響くと、次の瞬間に紀華の見事なバストが露わになった。
ボイスは剥ぎ取った白いビキニを高々と上げると、客席に向かって投げていった。
「堪らないぜっ・・この感触・・・」
その露わになった紀華のバストをニヤニヤしながら揉みまくるバイアンとボイラー。そして先端の乳首にも刺激を与えつつ感触を楽しんでいた。
「ああっ・・・いやあ・・ううんっ・・・くっ・・・」
その二人のバスト攻めと、乳首攻めに時折喘ぎ声を出していく紀華。
「たまらない感触だぜっ!」「ほらほら、感じてるんじゃねぇのか?」
バイアンとボイラーは笑みを浮かべながら紀華のバストを揉み続けると、次第に紀華の抵抗も少なくなっていった。
バタンッ・・・バタンッ・・・「ああっ・・やめてよぉぉ・・・ああんっ・・」
両足を時折バタバタさせながら、紀華は二人のバスト揉み攻撃に悶えていくが、ボイスが一言言っていった。
「おい、この元気な女は格闘技が好きらしいから、俺たちで格闘技の怖さを教えてやろうぜ!」
言うと、紀華のバストを揉んでいた二人も立ち上がった。
「か、格闘技と言うなら・・・トップレスじゃなくてもいいでしょ・・・ビキニを、ブラを返してよ・・・」
紀華もフラフラしながら立ち上がると、ボイスに剥ぎ取られたビキニを返すように頼んでいった。
「ふざけるなよ・・・ええっ!」
その言葉にバイアンは怒るが、ボイスは以外にも「いいだろう・・・コレか?」と先程のビキニを手にすると、力づくで奪いに来いと手招きしていった。
困惑する紀華を距離を置いて囲む3人。そして紀華は、意を決したのかボイスに向かって走り出していった。
「このうっ!」
必死な表情でボイスの手にあるビキニに手を伸ばす紀華。
「おっと・・甘いぜっ、ガードがなっちゃいないぜっ・・おらっ!」
必死になって無防備の紀華のお腹へミドルキックを入れていくボイス。
グシュ・・「うえっ・・・」
無防備のお腹へ蹴りを入れられて息を詰まらす紀華。しかしボイスの手にされたビキニに手を伸ばすが、ボイスはボイラーに投げ渡していった。
「ひ、卑怯よ・・・」
フラフラしながら紀華が今度はボイラーに向かっていくと、バイアンとボイスがローキック気味に紀華の足に攻撃を加えていった。
バシッ・・バシッ・・「あああんっ・・いやあっ・・」
足への衝撃に悲鳴をあげて座り込む紀華。
「まだまだだぜっ・・お前の地獄はよぉ!」
バイアンが座り込む紀華の髪を鷲掴みにすると、起こしていくが紀華も意地になって反撃していった。
バシッ・・「私だって、ただじゃやられないわよ!」
紀華が怒りの一撃をバイアンの股間へ炸裂させると、バイアンは悶絶してリング下に転がり落ちていった。
「なっ、生意気な真似しやがって!」
その行為にボイスが怒りを露わにすると、座っている紀華の背中へ蹴りを入れていった。
バシッ・・「いやあっ・・」
蹴りの衝撃に倒れそうになる紀華。しかしその倒れそうになる紀華を倒さないようにとボイラーもバストへ蹴りを入れていった。
ブニュ・・「ああんっ・・」
またもリング上に響き渡る紀華の悲鳴。
そしてグッタリする紀華を起こすと、首相撲にボイラーが持っていった。
「ふふふっ、顔は可哀相だから、バストは潰させてもらうぜっ!」
そのボイラーの言葉に紀華が必死に組み付いて倒すと、小柄なボイラーに馬乗り状態になって顔面へパンチを放っていった。
「何ですって・・・アンタなんかに・・・」
必死な紀華は懸命に反撃するが、まだボイスも後ろにいたのだった。
バシッ・・「いやん!」
紀華がまた悲鳴をあげると、残りのボイスがボイラーを襲う紀華の背中へ蹴りを入れていったのだった。
リングの中央に倒れる紀華。そしてその周りに立ちつくすボイス、ボイラー。そしてバイアンも股間を押さえながらもリングに入ってきていた。
「ふふふっ、覚悟はいいか?」
腕組みしながら紀華に言い放つボイス。
「なっ、何が覚悟よ・・・ふざけないで・・・」
紀華も気丈にも言い返していくが、ボイスはニヤニヤしていった。
「わかった・・・ではお前の身体に恐怖を与えてやるか・・・まずはストリートファイトテクで痛めつけてやるぜ!」
そう言って倒れている紀華の顔面、胸、背中などと3人掛かりで蹴りを入れていった。
バシッ・・ボシュ・・ガッ・・バシッ・・「ああんっ・・いやっ・・ううっ・・くううっ・・」
3人掛かりに蹴られて、苦痛の声をあげていく紀華。次第に紀華の白い肌には、蹴られた部分から紫色に内出血が目立つようになっていった。
「ストリートファイトテクとか言って、女相手に集団リンチしか出来ないの?」
蹴られながらも言い返す紀華。
「何とでも言えよ・・・俺たちは表でも裏でも、勝てばいいんだよ!・・ルールを変えさせたってなっ!」
紀華の言葉に、ボイラーが言い返すと、更に多くの蹴りが紀華の全身に打ち込まれていった。
「ふふふっ、今度は屈辱の関節技で痛めつけてやる!」
ボイスがそう言うと、グッタリしている紀華を俯せにしていった。そしてその紀華の片足ずつボイラーとバイアンが固めると、腕も掴んで持ち上げてのツープラトンロメロスペシャルを極めていった。
ガキッ・・「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁ・・・・いやあぁぁぁぁぁ・・・・痛いぃぃぃ・・・」
その強烈な拷問技にまたも紀華が悲鳴をあげると、二人は揺さぶって更に苦しめていった。
「おいっ、もう少しコイツの足を広げろよ!」
ボイスが言うと、二人は紀華の股間が広がるようにして開けていった。
「あああっ・・なっ、何するのよ・・・やめてよ・・・」
紀華が股間を開けられて怯えると、観客達も薄いビキニ一枚に守られている紀華の股間へ視線を集中していった。
「ふふふっ、ここの感度はどうか試してやるぜっ!」
ボイスは、その怯える紀華のビキニショーツの上から、まるで股間の割れ目に沿うかのように指を這わせて紀華を攻め立てていった。
「いやんっ・・何よ・・それって格闘技でもないでしょ!」
全身の痛みに堪えながらも、紀華が反則を訴えるがそんな事を聞くボイスでもなかった。
「そうか?でも身体は正直だぜっ・・・ぐふふふっ・・」
そう言うと、ボイスは更に紀華のビキニと太股の間から指を滑り込ませると、今度はビキニの上からではなく、直接指で秘部を攻めていった。
「ああんっ・・ああっ・・あんっ・・何するのよ・・・あんっ・・」
ボイスの指使いに次第に喘ぎ声も漏らし始める紀華。
「兄貴っ!もう少しプロレス技で痛めつけさせてくれよ!」
ボイスの攻めに技を掛けているバイアンが言うと、ボイスが合図をして技を解かしていった。
「ああっ・・・あうっ・・・・」
技を解かれた紀華は股間を片手で押さえながら這うようにロープに逃げていくが、今度はバイアンが行く手を阻んでいった。
「ほらよっ・・」
いきなり目の前のバイアンが、ビキニを投げつけて返していくと、余裕で構えていった。
「ううっ・・なっ、何のつもりよ・・・」
バイアンが投げてきたビキニを88pのバストを包み込むように着けていく紀華。そして立ち上がると疲れた様子だったが、懸命に構えていった。
「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」
息使いも荒くなっている紀華。
「顔色が悪いぜっ・・・ふふふ・・・・」
バイアンが笑みを浮かべると、一気に紀華にタックルを仕掛けていった。
「ああんっ!」
一対一の闘いだったら紀華の技術からすれば切れたであろうが、疲れている紀華は無惨にもマットに後頭部を打ち付けて倒されてしまった。
「ふふふっ、俺様はリングで女を襲うより、痛めつけるのが好きなんだよ・・・だからクレイジー一族でも闘い方が違うのさ!」
マウントポジションを取ると、焦る紀華の髪を掴んでマットに後頭部を何度も叩き付けていった。
バンッ・・バンッ・・バンッ・・「ああんっ・・いやあぁぁ・・ううっ・・」
マットに後頭部を叩き付けられて苦痛の声を漏らす紀華。次第に意識が朦朧としてきているようだった。
そしてグッタリする紀華。ビキニ姿でグッタリする紀華に、観客達も何とも言えないイヤらしさを感じているようだった。
バイアンが立ち上がると、ボイラーに手伝ってもらってグッタリする紀華の両足を持っていった。
「ほらほらっ、ビキニはあるけどご開帳だぜっ!・・・ビキニラインの手入れ具合をみてやるぜっ・・・」
バイアンが言うと、ボイラーと共に凄い角度で紀華に股裂き攻撃をしていった。
「いやあぁぁぁぁ・・・・痛ったぁぁぁぁい・・・やめてぇぇぇ・・・・」
必死になって股間を押さえながら悲鳴をあげる紀華。
「おっ・・どれどれ、手入れ具合もいいなぁ・・・さすがは元キャンギャルって言うだけあるなぁ・・・」
手の空いたボイスが紀華の股間を覗き込んで呟くと、苦しむ紀華のお腹へストンピングを叩き込んでいった。
股間を極められ、無防備のお腹への蹴りに紀華は涙目になって悲鳴をあげていた。
グシュ・・バシッ・・「いやあぁぁぁぁ・・・ううっ・・ぷっ・・」
堪らず悲鳴と共に透明の液体を口から噴き出す紀華。
「ふふふっ、お腹が弱いなら、鍛えてやるか・・・おい、バイアン!お前ボクシングが得意だろ?」
ボイスが紀華を放させると、起こしてロープに両腕を絡ませていった。
「ううっ・・・なっ・・何するの・・・」
口から涎のような透明な液体をマットに垂らしながら紀華が怯えた表情でボイスに聞くと、ボイスが答える。
「サンドバックになってくれよ!お前の大きなバストとお腹へパンチを入れてやる!」
そう言ってからバイアンに合図をすると、バイアンがニヤニヤしながら紀華に迫っていった。
「やっ・・やめてよ・・・恥ずかしくない・・ああんっ・・」
紀華がバイアンに言い放つのと同時に、バイアンの狂拳が紀華の豊満なバストへ襲いかかっていった。
「おらおらっ・・・パンチングボールみたいな弾力、堪らないぜぇぇぇ・・・!」
バイアンは紀華のバストの感触を楽しむかのようにパンチを出すと、殴られるたびに上に下に、そして左右に揺れてひしゃげる紀華のバスト。
「お、俺もやりてぇ・・」
ボイラーもバイアンの隣に行って紀華のバスト攻めに参加しようとすると、ボイスが言う。
「どうせなら、直接殴った方がいいぜっ!」
そしてバイアンを一旦止めるとグッタリする紀華のビキニのブラジャーを剥ぎ取っていった。
またも観客の視線に露わになる紀華の豊満なバスト。しかし今度は、白くて美しかったバストもアザが出来ているように、殴られたりした後が痛々しく残っていた。
「おらおらっ、お腹もいくぜぇぇ・・・」
バイアンは更に紀華の腹筋に守られているはずのお腹へパンチを入れると、息も絶え絶えなのでお腹が柔らかくなっている紀華は吐き気に襲われていった。
グシュ・・バシッ・・「うぐっ・・ううっ・・・うぷっ・・・うえっ・・」
お腹を殴られて吐き気に負けて胃液をマットに吐き出していく紀華。
更に続けて言い放つ。
「キックの練習もさせてもらうからなっ!」
ボイラーは紀華の脹ら脛にローキックを入れると、間髪入れずにバストへも強烈な蹴りを入れていった。
バシィィィ・・「あああんっ・・・・あんっ・・」
遂に紀華はあまりに激しい攻めに、気を失ったのかグッタリと下を向いてしまった。
「おいおい、女優だからって演技じゃねぇのか?」
とボイスがグッタリする紀華の髪を掴むと、その顔色を見て言い放つ。
「お〜うっ、本当に気を失ってやがる・・・おいっ!」
冷たい冷水をバケツに持ってこさせると、紀華の顔面に何度かに分けて掛けていった。
バシャアアァァァ・・・「うっ・・ううっ・・・・ううんっ・・」
顔に水を掛けられて気を取り戻していく紀華。
「おいおい、これ以上打撃でやったら、楽しみが終わっちまうじゃねぇか?」
ボイスは気を取り戻した紀華をロープから放すと、今度は俯せにしていった。
「いっ・・いやっ・・・こんなの・・・もういやっ・・プロレスじゃ・・ああっ!」
俯せで藻掻く紀華の足をボイスが掴むと、腰にドッシリと座って片逆エビ固めを極めていった。
「いやあぁぁぁぁ・・・もうダメェェェ・・・ギブアップ・・・ギブアップさせてぇぇ・・・」
このボイスのプロレス技の攻めに、紀華は泣きながらマットを叩いてギブアップと叫んでいたが、試合は止められることはなかった。
「この状態でビキニを剥ぎ取ったら見物だろうな!」ボイスはニヤニヤすると、ボイラーも言い出す。
「やっちゃおう!」
そうボイスにすすめると、ボイスは片手を紀華のビキニショーツに伸ばしていった。
「ふふふっ、お客さんにいい物でも見せてやれよ!」
ボイスは少しずつ紀華のビキニをずらしながら脱がしていった。
「いやあぁぁぁぁ・・・ギブって言ってるでしょ・・ねぇ、ギブアップよっ!」
股間を隠しているビキニを剥ぎ取られそうになって、狂ったように叫んでいく紀華。
しかしボイスは技を解きながらビキニを剥ぎ取っていった。
「ふふふっ、どれどれ・・・おおっ・・いいもんだなぁ・・・」
ボイスはビキニを片手に、紀華の股間の秘部を見ながら言い放つと、紀華は顔を赤らめていた。
「やめて・・・やめてよ・・・」
完全に全裸にされて股間を必死に押さえていく紀華。今までに数々の水着写真などを大勢の観客の前で披露した経験はあったが、ストリップなんて当然なく、当然この状態になればショックなのは当然であった。
「甘い事いってるんじゃねぇ〜よ!」
その紀華を辱めるように、ボイラーとバイアンが両足を掴むと、またも股裂き攻撃をしていった。しかし今度は、痛めつけるよりは、紀華の秘部を丸見えにするためだった。
「いやあぁぁぁぁ・・・・もうやだぁぁぁぁ・・・」
まだ股間へ手を回して隠している紀華。しかしボイスがその手を掴んでいった。
「ふふふっ、この手を退かしてご開帳だっ!」
ボイスは紀華に言い放つと、手を退かして秘部を観客に見えるようにしていった。
「でもよっ・・兄貴!もっと高くした方がいいんじゃないか?」
バイアンの言葉に、ボイスが叫んだ。
「よし、吊り天井だっ!」
そう言うと、今度は二人掛かりのロメロスペシャルを極めていった。
「あああんっ・・いたあああぁぁぁい・・・許してぇぇぇ・・・」
頭を上下左右に激しく振って紀華が悲鳴をあげるが、高々と上げられた紀華の股間は、秘部を完全に公開する状態にして痛めつけられていった。
ただでさえ、女子プロレスでこの技が使われると、水着を着ている状態でさえ股間へ視線が集まると言うのに、あの藤原紀華が一糸まとわぬ姿でこの技を受けて悶えているのだから、観客達も堪らなかった。
更に二人は揺さぶると、同時に見事なバストもプルプルと揺れていった。
そのバストを見て、ボイスが揉み始めていった。
モミッ・・モミッ・・「ふふふっ、アザが出来てるが揉み応えは堪らねぇ・・・」
そう言いながら、紀華の乳房の先端の突起も指で弄びながら攻めると、技と秘部を見られている恥ずかしさに加え、ボイスの乳房攻めに悶える紀華。
「よしっ・・三点攻めだっ!」
ボイスは、一旦攻めを止めると、技を解かせると全裸の紀華をマットに仰向けにしていった。
そしてバイアンとボイラーは紀華の腕を片手ずつ固定していくと、ボイスも紀華の足を固定して股間に手を伸ばしていった。
「いくぞぉぉぉ・・・」
ボイスの合図に一斉に3人の手が、紀華の両方の乳房と、股間へ伸びていった。そして3人がそれぞれの部分を弄び始めていった。
「ああんっ・・・ううっ・・・ああんっ・・ああっ・・」
次第に3人の攻めに喘ぎ声をあげる紀華。
「何だよ・・感じてやがるのか?」
ボイラーがニヤニヤしながら言うと、バイアンも調子に乗っていく。
「おっ・・なんだっ、乳首が硬くなってきてるぞっ!」
そう言いながら揉みまくっていった。
「おいおい、こっちもいい具合だぜっ!」
ボイスもニヤニヤして手を二人に見せていくと、そこには紀華の秘部から溢れ出た液体が絡みついていた。
「兄貴っ!我慢出来ないぜっ!」
バイアンが言い出すと、ボイスはまだ紀華の秘部を攻め続けていった。
クチュ・・クチュ・・「ああんっ・・いやあっ・・あんっ・・あうっ・・」
ボイスの指攻めに悶えていく紀華。
「ふふふっ、口ではヤダとか言っても、身体は正直になってるじゃないか!」
ボイスは遂に、リング上での公開レイプを考えると、いつの間にか用意した手錠を掴んでいった。そして観客に紀華の悶え顔が見えるようにと、3人で紀華を立たせると、観客席に紀華を向かせていった。そしてロープに固定するように紀華の両手首をロープに手錠で固定していった。
トップロープに腕を固定され、全裸で逃げられない紀華。股間からは液体を垂らしながらも紀華は意識を朦朧とさせていた。
しかしその紀華の耳元でボイスが囁いた。
「いいもの持ってるじゃねぇ〜か!・・・俺たちにも味見させてもらうぜっ!・・・公開レイプって奴もいい考えだろ・・・紀華!」
その言葉を聞いて、紀華は残った力を振り絞るように叫んでいった。
「いやあぁぁぁぁ・・・・そんなのやぁぁぁ・・・助けてぇぇぇ・・・ちょっとぉぉぉ・・」
しかし叫び声をあげてもロープには手を固定され、背後からは3人の男が迫っていた。
そして遂に、ボイスの手が紀華の腰に回されていった。
「ぐふふっ、覚悟はいいか?・・・お客さんにも悶え顔でも見せてやれよ!」
そう言うと、まずはボイスが自らのトランクスをズラして準備を整えた凶器を出していった。
「やめてよっ・・そんなの・・・ああっ・・」
紀華が叫び声をあげると、遂にボイスの凶器が紀華の秘部に挿入されていった。
「おらおらっ、いい締まり具合じゃないか・・・おらおらっ!」
次第に腰を動かしていくボイス。その度に紀華はバストを揺らしながら犯されていった。
「ああんっ・・あんあん・・・ああっ・・・」
次第にボイスの腰使いに喘ぎ声を出していく紀華。
「ほらほらっ、気持ちいいのか?」
ボイスは更に紀華を攻め続けるが、取りあえずは自らの凶器を紀華の秘部から抜き取ると、ボイラーにバトンタッチしていった。
「ひっ・・酷い・・・こんなのって・・・」
紀華は観客の方向を向かされながら涙を流すが、そんな事を気にするクレイジー達ではなかった。
「今度は俺様だぜっ!」
ボイラーもトランクスを降ろすと、凶器を出していった。
そしてボイスが攻めたばかりの紀華の愛液に溢れた秘部に凶器を差し込んでいった。
「ああんっ!」
その瞬間、紀華が大きな声をあげると、ボイラーはニヤニヤしながら腰を動かしていった。
「いっ、いやっ・・ああんっ・・・ああっ・・・ううっ・・・」
秘部を攻められて、悶えるが悔しさから涙を流していく紀華。
「おらおらっ・・・感じてやがるなっ・・リングの上で変態めっ!」
ボイラーが紀華に聞こえるように囁くと、更に腰の動きを激しくしていった。
「あああんっ・・・ああっ・・・ううんっ・・・はあんっ・・・」
ボイラーの激しい腰攻めに喘ぎ悶えていく紀華。
「おいっ、お前も味わってみなっ!」
暫く攻め続けたボイラーは、隣のバイアンに変わると、今度はバイアンも紀華の秘部に自らの凶器を押し込めると、激しく腰を動かしていった。
「おおっ・・・これは凄い!」
バイアンは喜びの表情で紀華を観客の目の前で犯し続けると、紀華は喘ぎ続けていくが、ボイスが更に何かを考えたようだった。
「おいっ、こうすると締まりが良くなるかもなっ!」
更に残酷にも、紀華にフロントチョークで首を締め上げていくボイス。
これには紀華も喘ぎ声ではなく、苦しみの声をあげていた・・・。
「・・ううっ・・あうっ・・・やっ・・や・・め・・て・・・」
しかし紀華のその言葉も、ボイスには聞こえなかった。
「バイアンどうだ?」
ボイスが問いかけると、喜んだ表情で応えた。
「おおっ・・す、凄い・・・凄いぜっ!」
更に腰を激しく振っていくと、ボイスも夢中になって紀華の首を締め上げると、突然紀華の身体がガクンッとして四肢を脱力させてしまった。
「あれっ・・・何だよ・・・」
まるで興冷めしたようにバイアンが紀華から凶器を抜くと、ボイスが呟く。
「あららっ・・失神しちまったぜっ・・・」
困惑した表情を浮かべていった。
「だったら起こそうぜっ!」
そこにボイラーは、紀華の顔に張り手を入れたり、渇を入れていって意識を戻していった。
「うっ・・うう〜んっ・・」
失神しても許してもらえず、紀華はまたも意識を戻されていった。
「よ〜し、今度は上の口でもやってもらうか・・・ふふふっ・・・」
そう言うと、ボイラーが紀華の髪の毛を掴むと、紀華の顔面に自らの凶器を押しつけていった。
グニュ・・「うぷっ・・やぁ・・やめて・・・汚い!」
フラフラになっている紀華が言うが、ボイラーは押し当てていった。
しかしここで、紀華も最後の反撃を決意したのか、突然にボイラーの凶器に舌を這わしていった。
「ううっ・・おおっ・・・たまらないぜっ!」
その紀華の舌使いに次第に表情を変えていくボイラー。しかし、これは3人に犯されていた紀華が、1人は道連れにと考えた作戦だった。
「ほらほらっ、素直になってきたじゃないか・・・」
次第に紀華の口に吸い込まれていくボイラーの凶器。しかし・・・。
ガブッ・・・「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・」
突然会場全体に響き渡るようなボイラーの悲鳴。そう、紀華が意を決してボイラーの凶器を思いっきり噛み付いていったのだった。
「うぶぶっ・・うぐっ・・・ぐぐぶっ・・ぶぶぐうっ・・(覚悟しなさい・・・)」
紀華が必死に噛み付くと、ボイラーの悲鳴にボイスとバイアンは怒りながら言い出した。
「舐めやがって・・・」
そして、その噛み付く紀華のお腹を蹴り上げていった。
グシャ・・「ぐふっ・・・・」
一瞬、紀華の表情が険しくなるがまだ噛み付いている。
「やっぱりココが一番効くだろっ!」
しかしバイアンが、紀華の丸見えの秘部に対して、爪先が食い込むような蹴りを入れていった。
グシュュュュ・・・「ひぎぃぃぃぃ・・・」
これには紀華は堪らずボイラーの凶器を離してしまうと、ボイラーは急いで自らの凶器の具合を確認した。
「お前・・・許さないぞ!」
ボイスがそう言うと、両手を全裸状態で固定されて逃げられない紀華に迫っていった。
ボイス、バイアンに迫られ、更にボイラーまで加わって囲まれて、怯えていく紀華。
「ううっ・・・やめて・・・もう・・・やめてよ・・・許して・・・ください・・」
試合前半の強気だった紀華は、今では涙を流す普通の女性になっていた。
「許してだと・・・ふざけるな!お前の表でのタレント人生を終わらしてやる!」
更に動けない紀華に、バイアンは顔面にパンチを、ボイラーはお返しとばかりに股間へパンチとキックを、ボイスはキックの練習とばかりにお腹とバストへ蹴りを何度となく入れていった。
バシッ・・グシュ・・ベシッ・・・グシュ・・「ああんっ・・ううっ・・はぐうっ・・」
遂にリングの上では、公開レイプから公開処刑と変わってきていた。
次第に紀華の全身は赤く腫れ上がっていくが、クレイジー一族の攻めは続いていった。
既にロープに手首が固定され、マットに這うことも出来ない紀華がグッタリすると、顔の前でボイスが言い放っていった。
「ふふふっ、今の気分はどうだっ!次はお前の美しい顔を壊してやるからな!」
笑みを浮かべていくと、紀華も意地になる。
「ふんっ・・・一対一で勝負したら・・・あんた達なんか・・・倒して・・やる・・・ペッ・・・」
顔を近づけたボイスの顔面に血の混じった唾を吐きかける紀華。
「・・うっ・・上等だぜっ・・・」
そう言うと、ボイスの狂拳が紀華の顔を襲っていった。
バコッ・・グシャアァァ・・ガッ・・「あうっ・・あっ・・・ひぐっ・・・」
遂に顔面への遠慮無しのパンチ攻撃に、紀華の口の中はボロボロになって、血飛沫が殴られるたびに噴き出していき、更にはその美しい顔は腫れ上がっていった。
「ほらあぁぁぁ・・・ココも苦しいぞっ!」
バイアンが更に紀華のお腹へも強烈な蹴りを入れると、紀華は口から血飛沫だけでなく、胃液までもをリングに吐き散らしていった。
ガクンッ・・
そして遂に、あまりの地獄の攻めに紀華は失神してロープにもたれていた。
しかしボイス達は紀華の全身を蹴りまくり、更には失禁する紀華を殺してしまうような勢いでサンドバッグの如く、蹴りつけたりして痛めつけていった。
この光景には、最初は歓声をあげていた観客達も驚きの表情となっていく・・・。
「うっ・・・惨い・・・」「ざ、残酷ショーだぜっ・・これは・・」「紀華が殺されちゃうかもなっ・・・」
会場からはあまりに残酷な展開に声が漏れていた。
「おいっ・・やり過ぎだっ・・・試合を止めろ!」
突然謎の男が試合を止めるように言うと、黒服達がリングに上がっていく。
そしてボイス達を紀華から離すが、紀華は意識を失いグッタリしたままだった。
「カンカンカンカン!」
ゴングが乱打される中、紀華は手錠を外されてロープから解放されると、急いで担架に乗せられていった。
その光景にボイス達は悠然と観客にアピールしていくが、紀華は顔を変形され、ましてバストも赤く腫らされ、お腹といい全身に内出血させられ、無意識のまま医務室に運ばれていった。
今まで、残酷な試合が続いた地下プロレスの中でも、今回の紀華のやられ方は凄まじいものだった。
そして紀華が意識を取り戻したのは、それから数日後だった・・・。
紀華は意識を取り戻し、全身の痛みと顔の腫れを見て涙を流すが、必ずリベンジしてやると心の中に闘志を燃やしていった・・・。果たして、紀華とクレイジー一族の対戦は実現するのか・・・。


第5試合

「ち、地下プロレス・・・」
突然のプロレスへの誘いに戸惑うアイドルが居た。そう、元「速度」のメンバーの1人の今居絵里子だった。
「そうだ、最近ではテレビにも出る機会も少なくなったみたいだし、ここはファイトマネーも多くでるし、その身体でどうだろうか・・・当然、リングに上がってもらえれば仕事は補償しよう・・・」
黒服の男のその言葉に戸惑いを隠せない絵里子。
「コスチュームはビキニ姿で、相手もアイドル相手のプロレスだっ・・しかし、ここでは完全決着ルールで、相手を滅茶苦茶にしてもいいと言う事だけは付け加えておこう・・・」
その言葉に、絵里子が聞き返す。
「まさかぁ・・ビキニ姿って言うと、夏に屋上とかでやる泥んこプロレスとか、ローション塗りまくられてのローションレスリングとかじゃないでしょうね?沖縄でもアメリカ人が好きだって言ってたわ・・・」
「ふふふっ、泥レスなんてもんじゃない・・・金網に囲まれたリングで闘ってもらうが、アイドル相手だ・・・どうだ?」
そのアイドル相手と聞いて、ダンスを得意とし、また空手も少しは知っている絵里子は、地下リングに立つことを受けていった・・・。
そして数週間後、絵里子は遂に第19回大会のメインのリングに足を進めていった。
「だ、誰が相手なんだろう・・・」
流石に暗くなった会場の、金網に囲まれたリングに白いビキニ姿で立つと、多くの観客の視線に身体を見られて緊張を隠せない絵里子。
その絵里子の目の前に、相手が登場してきた・・・そう、あの末広涼子だった。
このリングでの涼子の事を知らない絵里子は驚きの声をあげた。
「えっ・・末広涼子さん?」
「私じゃあ、役不足かしら・・・今居さん?」
早くも涼子は絵里子に近づくと、絵里子のバストを指で突いていった。
「本当にプロレスなんて・・・遠慮無くしますけど・・・」
絵里子は正直言って、涼子の細い身体を見て勝てると判断したのか、挑発気味な言葉を発していった。
「いいわよ・・・こっちも遠慮しないから・・・ギブアップさせてあげるわ・・・」
コーナーに戻る絵里子と同じく白いビキニに身を包む涼子。
「ただ今より、特別試合を行います・・・青コーナー、今居〜絵里子〜・・・赤コーナー、末広〜涼子〜・・・なお、完全決着ルールですので、相手が試合続行不能まで行います!」
リングアナのコールに、観客は盛り上がっていくが、絵里子は試合続行不能までと言う言葉に驚いていた。
「顔色が悪いんじゃない・・・今居さん!」
涼子は早くも笑みを浮かべて絵里子に言い放つと、絵里子も言い出す。
「じょ、上等よっ・・・覚悟してよね・・・先輩も後輩もないんだから・・・」
そう言い返していったが、そのリング上にゴングが鳴り響いていった。
「カァァァァン!」
そのゴングと同時に、二人はリング中央に出ていった。
珍しい水着、それもビキニ姿の絵里子。しかし以外にもバストは涼子よりはある様であった。対して涼子も珍しいビキニ姿だが、絵里子に合わせたのだろうが、80pのバストではあるが、BカップとCカップの中間くらいのバストにビキニでは、胸の谷間はあまり出来ていないようだった。
「いくわよ・・・」
絵里子は早くも素早い得意のダンスから応用しているのか、激しく身体を動かして涼子に近づいていった。
「なによ・・・そのタコ踊りは?」
その絵里子のダンス技を笑う涼子。
「なっ、何よ・・・喰らいなさい!」
そう絵里子が叫ぶと、素早く動かす腕から張り手を涼子の両頬に素早く入れていった。
パシッ・・パシッ・・・「ぶっ・・ぶっ・・・・」
絵里子の張り手に口から涎の飛沫をあげる涼子。
「これはどうかしら・・・うりゃあぁぁぁ・・」
大きな掛け声と共に、今度は絵里子のスピンキックが涼子の顔面へ炸裂すると、涼子はダウンしてしまった。
「ほらっ、まだ始まったばかりでしょ・・・ヤリ過ぎて身体が動かないんじゃない?」
涼子の髪の毛を鷲掴みにすると、絵里子は起こしていった。
グニュウウゥゥゥ・・・「うりゃあぁぁぁぁ・・・」
絵里子の気勢と共に、涼子のバストへヒザ蹴りが炸裂すると、涼子のバストをビキニの上から潰していった。
無言の涼子に、絵里子が更に涼子のボディへ抉るような空手仕込みのパンチを打ち込むと、一瞬涼子の表情が険しくなるが、倒れてからも絵里子に言い返していった。
「どうしたのよ・・・もっと楽しませてよ・・・」
そう言い放つ涼子に、絵里子は自分の技が効いているはずなのにと戸惑うが、絵里子は知らない事だったが、涼子はフランスロケから本場地下プロレスで鍛えられていて、初めてリングに上がる絵里子の攻撃などは何とも無かったのだった。
「余裕ぶってるんじゃねぇ〜よ!・・・この淫乱アイドルめっ!」
遂に絵里子もキレかかって涼子にストンピングを叩き込むが、涼子は上手くガードしながら絵里子の様子を伺っていた。
「淫乱・・・誰がよ、言ってみなさいよ・・・」
涼子が言い返すと、絵里子は言い放つ。
「アンタの事だよっ!」
そして涼子の股間へ爪先蹴りを入れていった・・・しかし、急所だけは許さない涼子はガードすると、逆に下から蹴りを絵里子の股間に炸裂させた。
グキッ・・・「ふぎぃぃぃ・・・」
初めて味わう股間への蹴りの感触に、絵里子は変な悲鳴をあげると股間を押さえて座り込んでいった。
「さっきは威勢がいいこと言って、どこまで楽しませてくれるのよ・・ほらっ!」
今度は涼子は立ち上がると、股間を押さえる絵里子の髪を掴んで起こしていった。
絵里子も涼子に勝てると思っていたが、股間へのダメージは大きく、涼子に髪を掴まれてリング中央に連れて行かれてしまった。
「あなたみたいな、温室アイドルにプロレスなんて出来る訳ないでしょ・・」
涼子が呟くと、絵里子に強烈なヒザ蹴りを喰らわすと、絵里子が咳き込みながら座り込んでしまった。
「ゴホッ・・コホッ・・コホッ・・・そ、そんな事いっても、あんただった素人なんでしょ・・プロレスなんて・・・」
絵里子も咳こみながら涼子に言い返すが、涼子は笑みを浮かべながら絵里子に言い返した。
「素人・・・だったらアンタの身体にシッカリと教え込んでやるからねっ・・・ふふふっ・・・」
その言葉に続いて、涼子は絵里子の髪を掴んで起こすと、早くもロープに振ってから返ってきた絵里子の顔面へ掌打を打ちはなっていった。
バキィィィ・・「ぶへえぇぇぇぇ・・・・・」
意外な涼子の掌打の威力に絵里子は口の中を切ったのか、血の混じった涎を噴き出しながらダウンしてしまった。
「どうかしら・・・素人の技の味は?」
涼子はニヤニヤしながら倒れている絵里子の顔面を踏み付けていくと、絵里子は口の中に広がる鉄の味覚を感じながら、顔を踏み付ける涼子の足を取ると倒していった。
「なっ・・何よ!」
絵里子が叫ぶと、以外にも涼子を倒していった。
「何よって・・・ふふふっ、攻撃してみれば?」
倒されても余裕の表情の涼子。
「何よ余裕ぶって・・・やってやるわよっ!」
絵里子は倒れた涼子の顔面を徹底的にストンピングで潰していくと、一気に喉元にニードロップを炸裂させていった。
グシャ・・「ぶへぇぇぇ・・・」
以外にも足をバタバタして苦しむ涼子。このニードロップは誤算だったのか、涼子は喉元を押さえて藻掻いていた。
「ふふふっ、結局はただの素人って事でしょ・・・いくわよ!」
絵里子が調子づくと、苦しむ涼子を起こしてからバストへヒザ蹴りを何度と無く入れていくと、その度に潰されて変形する涼子のバスト。白いビキニがその勢いで脱げそうになったりもしていた。
「そのビキニ、剥ぎ取ってお客さんにアンタのヌードでも見せてあげようか・・・末広先輩!」
更に余裕を感じたのか、絵里子が涼子のビキニに手を掛けていくと、少し引っ張ったりしてビキニ剥ぎをほのめかしていった。
「ふふふっ・・・元気があっていいわね、今居!やっぱりお仕置きが必要ねっ!」
突然にビキニを剥ぎ取られる寸前の筈の涼子が、笑みを浮かべながら絵里子に言い返すと、今度は絵里子が叫んでいった。
「何がお仕置きよ!・・・やってみなよ!」絵
里子が叫ぶと、一気に涼子のビキニを剥ぎ取っていった。
そして涼子のバストが露わになると、次の瞬間に涼子の素早いヒザ蹴りが絵里子のお腹を抉っていった。
グシュウゥゥゥ・・・「うえっ・・・おえっ・・・・」
自分が優位に試合を進めていたと思っていた絵里子は、突然涼子のヒザをお腹へ喰らい、油断していた事も手伝って胃液を口から溢れさせて座り込んでしまった。
「生意気な真似して・・・教育してあげるわ!」
涼子は剥ぎ取られた白いビキニのブラジャーを胸に着けると、座り込んでいる絵里子の顔面へ強烈な蹴りを入れていった。
グシャ・・・「ふげえぇぇぇ・・・」
これには大の字なって倒れる絵里子。
「誰が寝ていいって言ったのよ・・ほらっ!」
その絵里子の髪を掴んで更に立たせると、ロープ際に連れて行くと腕をトップロープとセカンドロープに絡めて動けなくしていった。
「お仕置きの準備をするから待ってなさいよ・・・ふふふっ・・・」
涼子は遂に、絵里子の公開処刑の準備の為か、ロープと鉄柱を繋ぐ金具を外すと、絵里子を固定しているロープの一面を残して、金網に回りを囲まれている状態にしていった。
「な、何するのよ・・・・そんなの反則でしょ・・・」
金網の鈍い光を見て、突然怯えた表情になる絵里子。
「反則・・・誰に言ってるのよ、今居ちゃん?」
余裕ぶる涼子は、金網越しにリングサイドにいつの間にか来ていた仲間の優花から有刺鉄線竹刀を受け取ると、それを絵里子に見せていった。
「なっ・・何よ・・ちょっと反則でしょ・・・そんなの・・・ねぇ・・・」
有刺鉄線の巻かれた竹刀を見て、狂ったように叫ぶ絵里子。しかしロープに腕を絡められて逃げれずに恐怖に身を震わすだけだった。
「初めて見たのかしら・・・・結構効くわよ・・・これっ!」
ニヤニヤする涼子。遂に涼子の残酷ショーが始まろうとしていた。
「やめてよぉぉぉ・・・・そんなの聞いてないわよ!」
その怯えて叫ぶ絵里子の姿に、観客達も歓声をあげていった。
「聞いてないって・・・ここがただのプロレスと思ったら間違いなんだよ・・・」
そう涼子が言い放つと、怯える絵里子の白いビキニに包まれたバストに向けて、少しずつ有刺鉄線竹刀を近づけていった。
「やめてぇぇ・・・そんなの押しつけられたら・・・オッパイが・・・壊れちゃう・・・」
次第に近づく竹刀の恐怖に、絵里子の叫び声が大きくなっていった。
「そう・・・だったら経験させてあげるわ・・・」
そして遂に、涼子の手に握られている竹刀に巻かれた有刺鉄線の先端が絵里子のビキニに触れていった。
ズブッ・・「いやああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・」
リングに響き渡る絵里子の大きな悲鳴。更に有刺鉄線がビキニ越しにバストへ押しつけられていくと、その白いビキニには少しずつ赤い模様が広がっていった。
「はははっ・・いい泣きっぷりだねっ・・・もっと泣きなさいよ!」涼子は更に有刺鉄線竹刀を押しつけていくと、絵里子の白いビキニが次第に赤くなっていった。
「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・胸が・・・壊れる・・・やめろぉぉぉ・・・・」
懸命に叫ぶ絵里子。しかしここは残酷な地下プロレスのリング。誰も助けてくれる者などいなかった。
「やめろ・・・誰に口を聞いてるんだよ・・・おいっ!」
涼子の視線が鋭くなると、バストに押しつけている竹刀を動かしていった。
ズブズブズブっ・・「うぎゃあぁぁぁぁ・・・・ひ、酷い・・・こんなのって・・・あああああっ・・・・」
次第にビキニに吸い込まれていた絵里子のバストから流れ出た血も、吸いきれなくなりお腹を伝ってビキニショーツの方へも流れ出していた。
「ほらほらっ・・・どんどん壊してやるから・・・泣きなっ!」
更に激しく擦り付ける涼子。
「あああああああんっ・・・・」
次第に泣き叫ぶ絵里子のビキニが有刺鉄線の棘に引っかかると、有刺鉄線で傷つけられた絵里子のバストが露わになっていった。
ビキニが剥がれて一瞬斑点のような模様はあるが、白くて以外に膨らんでいる絵里子のバストだったが、一瞬にして傷口から血が流れ出していった。
「ほらっ・・赤いビキニが似合ってるよ・・今居・・・ほらっ!」
更にビキニが剥がれた絵里子のバストへ直接竹刀を擦り付けていく涼子。
「ぎゃあぁぁぁぁぁ・・・・・胸が・・胸がぁぁぁ・・・・」
頭を激しく振って泣き叫ぶ絵里子。次第に白いバストも赤く染まると、そのバストの先端にある突起も狙っていく涼子。
「ほ〜っ、可愛い乳首ねっ・・・可愛がってあげる・・・」
涼子は更に、有刺鉄線の棘が乳首に当たるように押しつけると、またも激しく擦り付けていった。
「ぎゃあぁぁぁぁぁ・・・・ああっ・・あううううっ・・・・ひいぃぃぃぃぃ・・」
リングに響き渡る絵里子の悲鳴。そして泣き叫ぶ絵里子のバストの先端の突起、そう乳首は有刺鉄線によって大きく引き裂かれ、そこから脈を打つたびに血が流れ出ていた。
「そう言えば、アンタさっき淫乱とか人の事を言ったわね・・・生意気なのよ・・・」
そう涼子が言うと、その視線は絵里子の股間の方へ向けられていった。
「なっ・・・何よ・・・やめてよ・・・」
その涼子の言葉に、絵里子は全身を震わせて次にされるであろう残酷な攻めに怯えていた。
「まずはヘアヌードになってもらおうかしら・・・ふふふっ・・」
涼子は顔に笑みを浮かべると、その手を絵里子のビキニショーツに伸ばしていった。
「やめてぇぇぇぇ・・・そんなのって・・・そんなのって・・・きゃああぁぁぁぁぁぁ・・・」
怯える絵里子。しかし涼子は構わずビキニショーツを剥がすと、絵里子を完全に全裸状態にしていった。
「あらあら、慣れない水着になるからって毛を剃ったのかしら?」
そういいながら涙を流す絵里子の股間をジロジロと舐めるように見つめる涼子。
「やっ・・やめてよ・・・人のアソコなんて見て・・・やめて・・・」
その涼子に怯えながら言う絵里子。
「何よ・・・それって先輩に対して口答えするのね・・・そう言う後輩にはお仕置きよっ!」
遂に涼子は、有刺鉄線竹刀を絵里子の股間に近づけていった。
ガクガクガク・・・「・・そっ・・ソコだけは・・・ソコだけは・・・女の・・大事な所・・・やめて・・・やめて・・」
遂に迫る有刺鉄線に怯える絵里子。バストもボロボロにされたので、股間にブチ込まれると思い怯えていた。
「淫乱だって・・・お前だって好きなんだろ・・・・その証拠に使い込んでやがるなっ・・・」
その涼子の言葉に、涙を流す絵里子。
「やめて・・・ください・・・ソコだけは・・・大事な・・・所・・・お願い・・・です・・・」
次第に近づく竹刀の恐怖に涙ながらに哀願する絵里子。
「大事だって・・・そうよねぇ・・・出来なくなっちゃうもんね・・・ふふふっ・・・」
その絵里子に言葉でも攻めながら、遂に竹刀を押し当てていく涼子。
グニュ・・「ぎゃああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」
有刺鉄線の感触が絵里子の股間の割れ目に押し当てられると、狂ったように叫び出す絵里子。
「それそれっ・・・・アンタのアソコも暫くはボロボロだねっ!」
涼子が叫ぶと、更に激しく絵里子の股間へ擦り付けていった。
「ぎゃああぁぁぁぁぁ・・・壊れるぅぅぅ・・・壊れちゃう!」
竹刀の棘が、絵里子の膣壁をボロボロに傷つけていくと、その傷口から血が流れ出し、リングに激しく垂れ出すと観客もその残酷なシーンに歓声をあげていった。
「おりゃあああぁぁぁぁぁ・・・・いくよぉぉぉ・・・仕上げはこうだぁぁぁ・・・」
更に激しくピストン運動をさせていく涼子。
「あああああっ・・・あんっ・・」
遂に絵里子は、その想像を絶する股間の痛みに白目を剥いて失神してしまった。
そして絵里子の股間に突き刺さる竹刀からは、大量の血と共に、失禁したのか小便まで垂れ流されていった。
「カンカンカンカン!」
次の瞬間、ゴングが乱打されて試合は終わりを告げたが、涼子は暴れ足りないのか失神している絵里子をロープから離すと、ピクピクしている絵里子を仰向けにしてから傷ついたバストをグリグリと踏み付けてガッツポーズを決めていった。
その涼子がグリグリとバストを踏み付けると、失神している絵里子のバストからは血が滲み出てくる。しかし金網に囲まれたリングの中の惨劇に、誰も涼子の暴挙は止められなかった・・・。
「やめなさいよ!」
突然会場に響く高い声。そう、かつて絵里子と「速度」で共にメンバーとして活躍していた嶋袋寛子だった。
金網越しに全裸に大流血状態で倒れる絵里子に声を掛けていく寛子。しかし寛子の懸命の呼びかけにもピクリともしない絵里子。
「何なんだよ・・・うるさいガキだねっ!」
涼子はその寛子に言い放つと、寛子も果敢に言い返す。
「何よ・・・アンタこそ偉そうにしてるんじゃないわよ!」
金網越しに涼子に言い返す寛子。
グイッ・・「何なのよ・・・」
その寛子の髪を鷲掴みにする優花。
グシュ・・「ぐえっ・・・・」
しかし髪を掴む優花に、強烈な肘打ちを炸裂させた寛子。優花は突然の反撃に口から反吐を吐き出して倒れ込む優花。
「冗談じゃないわよ!・・・絵里子がプロレスするって言うから、一緒に練習したけど、こんな事になってるなんて・・・」
倒れ込む優花の隣で、寛子が涼子に言うと、涼子が言い出した。
「わかったわ・・・アンタにこのリングに立つ度胸があるなら、今度はアンタが選手として上がりなさいよ・・・そうね、油断したとは言え優花か舞子とデスマッチで勝負してみなさい・・・ふふふっ・・・」
そう言うと、リングを囲む金網の入り口を開けると、倒れている絵里子をそのままにリングを去る涼子。
「優花、行くよ・・・」
お腹を押さえる優花を呼びつけると、無言のまま会場から出ていく涼子と優花。
そして寛子はリングに上がると、絵里子の様子を見て涙を流していた・・・。
それから黒服達によって、絵里子は医務室に運ばれていった・・・・。
こうして、新たな抗争の予感を残しつつ、第19回大会は幕を閉じていった・・・。


inserted by FC2 system