第二試合
 
「第二試合、選手入場っ!!」
コールと共にドライアイスの中から登場したのは、白いビキニに身を包んだ吉口里深であった。彼女もまた、グラビアでは絶大な人気を博したが、某女優の息子との地下室でのパーティー事件以来表舞台からは遠ざかっていた。その後写真集を出したりしてはいたが、あまり話題に挙がらず、それだけに今回のトーナメントにかけている様であった。ガッツポーズで観客達を威嚇する様にリングインする。
そしてその反対側から登場するのは、かつて6代目のミニスカ警察、更には「今夜2」のレポーターとして人気を博した望月紗耶であった。こちらも巨乳の持ち主だったが中々ブレイクには至らず、芸名を変えて漸くミニスカ警察のメンバーとしてそこそこの人気を博したものの、それ以降が続かず、現在は完全フェードアウト状態になっていた。そのボディをかつてのミニスカ警察のコスチュームで包みながらリングインする紗耶。その際にスカートの中から見えるピンク色のビキニパンティに観客は興奮していた。
「Aブロック第二試合、赤コーナー、T163B86W58H88 、吉口〜里深〜っ!!」
そのコールと共に、ガッツポーズでアピールする里深。そして対戦相手の紗耶を中指を立てて挑発していった。
「青コーナー、T160B88W58H87、望月〜紗耶〜っ!!」
コールと共に、身に着けていたミニスカ警察のコスチュームを脱いで行くと、ピンク色のビキニに包んだボディを披露する紗耶。脱いだコスチュームを客席に放り込んでいくと、観客達はその奪い合いを始めていた。
「カァーン!」
早速ゴングが打ち鳴らされていくと、里深がいきなり紗耶に掴みかかっていく。
「調子に乗ってんじゃねぇよ…あんなコスチュームで媚売りやがって!」
「媚ですって・・・あれはファンサービスって言うのよ!あなたも元アイドルならそれが大事だって分かるでしょ!」
「ファンサービス!?ならその水着も脱いでサービスしてやれよっ!」
そう言うと、里深は紗耶のビキニブラに手を掛けて脱がせようとするが、紗耶は冷静にその手を取ってねじり上げていった。
「ぎゃあぁぁぁぁっ…痛いぃぃぃぃっ…」
そして紗耶は取った里深の手を軸に、里深をすばやくマットに叩きつけていった。
バシィィィィン…
「ぐはっ…」
背中から叩きつけられる里深。その里深に隙を与えずストンピングで攻める紗耶。その早業に観客からも驚きの声が上がるが、紗耶には合気道の心得があったのだ。
バシッ…バシッ…
「くっ…」
思わぬ攻めに焦る里深はすばやくストンピングを交わして立ち上がると、果敢に紗耶に飛び掛っていく。しかし紗耶はまたても里深をかわして背後に回ると、バックを取って背中からまたも叩き付けた。いわゆる入り身投げと言われる投げ方である。
バシィィィィン…
再度の背中への衝撃に呼吸が止まる思いの里深。しかしふら付きながらも立ち上がると、懲りずに紗耶に向かっていく。がしかし、紗耶は今度は体勢を低くして里深の勢いを利用して腰の上にその体を乗せた。
「おりゃぁぁぁぁっ!!」
その気勢と共に里深を抱え上げると、一気に投げつける紗耶。この投げ方は腰投げと言われるものである。
ドシィィィィン…
「ぐふっ…」
今度は脳天から落とされる里深。早くもグロッキー状態になっている様だが、観客達は予想とは裏腹に、紗耶が里深を追い詰めている展開に驚きながらも紗耶に声援を送っていった。
「望月〜っ!その地下室女を一気に逮捕だ〜っ!!」
観客の声援に後押しされる様に、紗耶は倒れる里深の髪を掴んで立たせると、その太股にローキックを、続け様に顔面に拳を叩き込んで里深からまたもダウンを奪った。
「時にはパンチ!時にはキック!逮捕しちゃうぞ!」
かつてのミニスカ警察の決め台詞でアピールする紗耶に大声援が送られる。その声に後押しされ、紗耶は再度里深の髪を掴んで立たせると、今度はその腰の辺りに手を回してロックした。
「合気道だけじゃないんだから!今度はプロレス技行くわよっ!」
そう言うと、紗耶は里深の体を一気に後方へと投げつける。そのジャーマンスープレックスは綺麗に決まっていった。
ドシィィィン・・・
「ふぐうっ…」
先にも増して強烈な紗耶の一撃。起き上がれない里深に紗耶が蹴りを見舞っていくと、その首元にギロチンドロップを落としていった。グッタリする里深の姿に、観客からは紗耶に止めを刺せとの声が送られていく。
「よーし!そろそろ決めるわ!」
そう言って紗耶は里深の髪を掴んで立たせると後ろからチョークスリーパーで締め上げていく。勝負は決したかに見えたが、紗耶の攻めの勢いに圧倒されながらも、その攻めが里深の狂気に火を付けていた事に紗耶は気付いていなかった。
(くっ…いい気になってんじゃねえよ…このミニスカ女っ!!)
締め上げられる里深の足がバックの紗耶を狙っていく。その足はカンガルーキックとなって紗耶の無防備な股間に強烈な一撃を加えた。
バキィィィィッ…
「うぎゃぁぁぁぁっ…」
堪らず悲鳴を上げる紗耶の締め付ける力が弱まったかと思うと、その瞬間を逃さず里深は後方にヘッドバッドを放っていくと、紗耶の顔面を捉えその顔面から鼻血が吹き出した。
「ぎゃあぁぁぁぁっ…」
思わず技を解いてしまう紗耶。そして技から解放された里深は紗耶が抑える股間へ再度蹴りを放っていった。
バキッ…
「うぎゃぁぁぁぁっ…」
堪らずマットの上をのた打ち回る紗耶。その紗耶の股間へ里深は狂ったように執拗に蹴りを見舞っていく。
バキッ…バキッ…
「ううっ…いやっ…やめてっ…ああっ…」
「散々調子に乗りやがって…これからタップリお返ししてやるよ!」
里深は更に紗耶の顔面にケンカキックを放っていくと、紗耶はマットに大の字になって倒れていった。
「ふふっ…アンタはファンサービスが好きなんでしょ?だったら最高のサービスをしてやれよっ!」
そう言うと、里深は何と紗耶のビキニの布地に守られた股間へ手を伸ばすと、その指でなぞる様に刺激を与えていった。
「ああんっ…いやっ…やめてっ…ああんっ…」
「あらっ…嫌がってる割には随分気持ち良さそうだけど?我慢せずに正直になっちゃえば?」
里深は更になぞるだけでなく、ビキニの上から紗耶の敏感な部分に指で圧力を加えていく。更には空いている片手で紗耶のビキニブラジャーに手を掛けていった。
「ああっ…何するのよ…!!」
「ふふっ…どうせなら上の方にも刺激をあげる…こういう風にねっ!」
ビリッ…
「いやぁぁぁぁっ…!!」
紗耶のブラジャーを剥がすと、今度はその露になった乳首につまんだり、強弱をつけて指圧を加えたりして攻めていった。
「ああっ…やめてっ…ああっ…いいっ…」
「何よ…まんざらでもなさそうじゃない…それなら下の方もこうしてあげる!」
里深は紗耶のビキニショーツの間から直接紗耶の敏感な部分を刺激し始めた。紗耶の秘部に指を突っ込むと、ピストン運動の様に刺激を与えていった。
「ああっ…いいっ…いいっ…」
2つの急所への同時の刺激になす術の無い紗耶の耳元に、里深が囁いていく。
「ねぇ〜ん?こんな大勢の前で感じてる気分はどう?もっと気持ち良くして欲しい?ねぇ〜ん、どうなの〜?」
「ああっ…やめて…いやっ…お願い・・・もっと…」
「へぇ〜嫌がっててもやっぱり体は正直よね〜それなら皆の前で感じなっ!」
そう言うと、里深は更に紗耶の急所への刺激を強くしていく。そして遂に紗耶の秘部から蜜が溢れ出し、そのビキニショーツにシミを作って汚していった。
「うわぁ…溢れてきたわよ…やっぱ好きなんじゃない…だったらイクところまで行きなっ!」
「いやっ…やめて…こんなのって…酷い…」
里深は指を更に紗耶の股間の深い部分に忍ばせてかき回していく。それと比例する様に紗耶の股間から溢れ出す蜜の量も増えていった。そして紗耶のビキニショーツのシミはもはやシミと言うよりお漏らし状態になっていた。
「うわっ…望月の奴思いっきり感じてるぜっ!」
「水着完全にビチョビチョじゃん!!」
「まじめそうな顔して結構好きなんじゃねぇかよこの淫乱っ!」
観客からの声は紗耶に言い様の無い屈辱を与えていく。紗耶の目には既に涙が浮かんでいた。
「ううっ…いやっ…見ないでっ…恥ずかしい…」
「ふふっ…いい感じね!さて、そろそろ止めを刺してあげるわ!」
そう言うと、里深は一気に紗耶のビキニショーツを下ろして剥ぎ取っていった。
「きゃあぁぁぁぁっ…いやぁぁぁぁっ!!」
一糸纏わぬ姿にされた紗耶の悲鳴が響き渡る。そして里深は紗耶の足をロックすると、ロメロスペシャルで紗耶を吊り上げていった。無防備状態で紗耶の秘部が観客の目に晒される。
「うわっ…望月のアソコが丸見えだぜっ!」
「結構可愛い色してんじゃん!」
「いやぁぁぁぁっ…!!見ないでぇぇぇぇっ…お願いぃぃぃぃ…ギブする!ギブしますからぁぁぁぁっ…!!」
「調子のいい事言ってんじゃねぇよ!さっきまであんな調子こきやがって…キッチリと仕留めてやるよ!」
そう言うと里深は紗耶の足をロックしたまま、チョークスリーパーに移行して紗耶の喉元を締め上げていった。
ググググッ…
「ううっ…ひぐっ…」
「ふふっ…今すぐ終わらせてやるよ!」
「あぐぐぐっ…うううっ…」
次第に紗耶の口から涎が流れ、その目が虚ろになっていく。そして遂に紗耶は白目を剥いて失神していった。
「カンカンカンカン…」
ここでゴングが打ち鳴らされると、レフリーが里深を引き離していく。解放された紗耶はグッタリとして倒れこんだまま泣いていた。その光景を尻目に里深はガッツポーズで観客に勝利をアピールすると、剥ぎ取った紗耶のビキニショーツを観客席に投げ込んでいった。そして里深は黒服にあるものを持ってきて欲しいと要請する。その物とは2つの手錠であった。
「やめて…試合は終わったのに…」
「ふん…淫乱女のお前を逮捕して晒し者の刑にするんだよ!」
黒服から手錠を受け取ると、里深はそれで倒れこむ紗耶の両手両足を固定していった。そして動きを封じられた紗耶の顔を踏みつけて観客にアピールしていった。
「見な!淫乱女を逮捕したわよ〜っ!」
そう言うと、里深は更に泣きじゃくる紗耶に蹴りを入れるとリングを後にする。そして控え室に戻ってきた里深をある人物が迎えた。
「やったわね!つぎはいよいよ黒多との対戦よ!私も手伝うから、あのデカ乳を存分に痛めつけてやるわよ!」
「もちろんよ…あいつにやられたなつの分までタップリと屈辱を味あわせてやるよ…」
陰謀うずめくトーナメント。果たして美礼と里深の試合はどうなるのであろうか?
inserted by FC2 system