第一試合
 
『Bブロック第1試合、選手入場っ!』
コールと共に、まずは蒼木裕子が、そしてもう一方の花道からは、大原香織が共にガウン姿でリングインする。
『赤コーナー、T160B93W59H87、蒼木〜裕子〜っ!!』
羽織っていたガウンを観客席の方へ脱ぎ捨てると、青のビキニに包んだそのボディに観客席から大歓声が起こる。先の選手紹介の際、不覚を取らされた桜庭敦子に対しリベンジ宣言しているだけに、ここで敗れる訳にいかなかった。
『青コーナー、T164B95W58H88、大原〜香織〜っ!!』
コールと共に、そのガウンを脱いで赤のビキニに包んだ爆乳を露にし、両手でその爆乳を寄せてアピールする香織。ガウンを裕子に覆い被せてその視界を奪った。
「おらぁぁぁぁっ…」
気勢をあげ、視界を失った裕子にケンカキックを放つ香織。予想せぬ展開に裕子がダウンを奪われると、香織はそのまま馬乗りになって殴りかかっていった。
『カァーン!』
香織の奇襲に、慌ててゴングが鳴らされていく。ガウンの上から裕子の顔面辺りを殴りつけていくと、裕子の頭を取って首投げでコーナーの方へ投げ捨てていく。
「くっ・・・」
香織の奇襲に焦る裕子がガウンを剥いでいくと、その目の前には香織の足が迫っていた。
「喰らえオッパイお化けぇぇぇぇっ…」
バキィィィッ…
「ぐふっ…」
香織の再度のケンカキックが裕子の顔面を捉えると、裕子はコーナーにもたれかかるようにダウンしていく。その裕子の顔面を踏みつけてアピールする香織は裕子の両足を取ってリング中央まで引っ張っていくと、裕子の両足を捉えて股裂き状態にし、無防備なその股間に爪先を押し付けて電気アンマを仕掛けていった。
グイ…グイ…
「ああっ…おぉぉぉぉっ…」
たまらず嗚咽を挙げていく裕子の姿に観客からも興奮の声が上がる。
「ふん…感じやがって…このホルスタインがっ!」
そう叫ぶ香織の目つきが鋭くなると、爪先を離して裕子の両足を抱え込むとジャイアントスイングで振り回していく。意外なパワーを発揮する香織は、そのまま10回転で裕子をマットに投げ捨てた。
「ううっ…」
大の字状態の裕子を尻目に、観客に香織がアピールしていく。どうにか立ち上がりながらも、視点の定まらない裕子。振り回された勢いでビキニがズレてバストがはみ出しかけている裕子の顔面に、今度は香織のラリアットが炸裂した。
バキッ…
三度ダウンを奪われる裕子。そのお腹にヒップドロップを落とすと、香織はそのまま座り込んで裕子の巨乳をサンドバックの如く殴りつけていった。
「ぎゃあああっ…いやぁぁぁっ…!!」
悲鳴をあげる裕子の顔面にもパンチを叩き込んで黙らせると、香織は裕子の体制を変えてうつ伏せにすると、キャメルクラッチを仕掛けていく。もがく裕子の鼻に指を突っ込んで晒し者にしていく香織。
「ふが…ふがが…」
「ほらっ・・・ホルスタインじゃなくてメス豚だねっ!」
もはや試合の主導権は完全に香織が握った感じであったが、裕子の反撃を望む観客からは裕子コールが起こっていった。
「ふん…歯ごたえがないわねっ!どうせ決めるならちょっとサービスでもしてあげようかしら…」
そう言うと香織は裕子の顎を捉えていた右手を離すと、自らのヒップに当てていく。少し間を置いてその右手を裕子の鼻に当てていくと、裕子が途端にジタバタしながら咳き込んで苦しんでいった。
「むぐうぅぅぅぅっ…!?」
「ふふっ…これぞ名づけて大原カ・オ・リ…なんてね!」
すかしっ○を充満させた右手を裕子の鼻に擦り付ける香織。とてつもない臭さにもがく裕子であったが、香織は逃さんとばかりに左手で裕子の顎を捉えたまま、右手を執拗に裕子の鼻に擦り付けた。
「ほらほらっ…これが私の香りだっ!いい香りだろっ!?ちゃんとしっかり嗅げっ!」
そして香織はもう一発とばかりに再びヒップに手を当て、更に右手に濃縮した臭いを裕子の鼻にそそいだ。
「ふむぅぅぅぅっ…」
あまりの臭いに裕子のもがきが更に激しくなると、会場からは大爆笑が起こる。香織の強烈な香りの前に裕子の目が虚ろになっていくと、ニヤリとする香織は技を解いて裕子を立たせ、膝蹴りを見舞って裕子の意識を戻していく。
「ふん…プロレスなんだから最後ぐらいはキッチリ仕留めてやるよ!」
そう言って、香織が裕子に組み付こうとした瞬間…
「おらぁぁぁぁっ…!!」
突然に裕子が香織のバストにエルボースマッシュを叩き込んでいく。不意の一撃に香織が悲鳴を上げる。
「んあぁぁぁぁっ…何すんだよっ!!」
驚いた香織が裕子から離れていくと、両者は向き合う形となり組み合っていく。そのまま押し込もうと力を込める香織だが、全く動じない裕子に次第に焦りを感じ始めた。
「くっ…何よこの力…!?」
「はぁ…はぁ…今度はこっちの番よ!」
そういうと、裕子は次第に香織を押し始めていく。その裕子の腕と足の筋肉が浮き上がっていることに気付いた観客から驚きの声が起き始める。そう、裕子には陸上をやっていた時に鍛えられていた筋肉があった。そのまま香織をロープまで一気に押し込んでいくと、香織の体制が崩れたところで一気に香織を抱え上げると、水車落としの様に一気に脳天からマットに突き刺した。
「ぐふっ…」
叩きつけられた衝撃で意識を朦朧とさせながらも、立ち上がって裕子につかみかかる香織。しかし裕子はその香織をまたも抱え上げると、勢い良くその身をマットに叩き付けた。
「ぐはっ…」
またもマットに叩きつけられ苦しむ香織。その姿を尻目に裕子がアピールしていくと、観客から歓声が上がる。それに焦る様に香織は立ち上がると、懲りずに裕子に掴みかかり、そのビキニブラジャーに手を掛けていく。
「調子こいてんじゃねぇよこのホルスタインがっ!」
そういうと、ビキニブラを一気に剥いでいく香織。しかし裕子は動じる様子を見せる事無く香織に掴みかかった。その姿に怯むであろうと予測していた香織はまたも焦り始める。
「バカね…ここじゃこんなの当たり前のことなの…ほらっ、お返しよっ!」
そういうと、裕子も一気に香織のビキニブラを剥ぎ取っていく。
「ああっ…何すんだよっ!」
自慢の爆乳を観客の目に晒し、香織が一瞬隙を見せた隙に、裕子はその鳩尾にケンカキックを見舞った。
「ぐふっ…」
ふら付く香織を捉えると、その頭を捉えてヘッドバッドを連続で見舞う裕子。
バキッ…バキッ…
「ぎゃぁぁぁっ…」
吹き出た鼻血で顔面を染めて悲鳴を上げる香織の隙を突き、ビキニパンティに手を掛けて掴む裕子。もがく香織を一気に持ち上げると、そのままブレーンバスターを決めようとするが…
「決めるわよ〜っ!!」
持ち上げた香織の体が垂直になったところで、その脳天からマットに突き刺す裕子。強烈な垂直落下式のDDTであった。
ドスッ…
強烈な衝撃音と共に、マットに突き刺さった香織の体が背中から叩きつけられた。その威力の前に、香織はその体を痙攣させていった。しかし裕子はその香織を無理やりに立たせてまたも掴むと、香織の体を持ち上げていった。
「これでとどめだぁぁぁっ!!」
ドスゥゥゥン…
強烈なパワーボムが炸裂すると、香織は白目を剥いて失神してマットに大の字になった。
『カンカンカンカン…』
ここでゴングが打ち鳴らされていくと、レフリーは裕子の手を挙げて勝利を告げていく。
『勝者、蒼木裕子っ!』
そのコールと共に、裕子は爆乳を晒し失神状態の香織に近づくと、香織の臭いの染み込んだビキニショーツを剥ぎ取ってそれを観客に見せ付けるように掲げて自らの勝利をアピールしていった。
「確かに臭いはキツかったけど、私が本気になればこんなブス相手じゃないのよ!」
その裕子のアピールに沸きあがる観客。そして裕子はマイクを受け取ると会場に向かって叫んだ。
「私の敵はただ一人、桜庭っ!!必ず勝ち上がって来い!この大原みたいに、お前のビキニも剥いでその垂れた乳をこの観客の目に晒してやる!」
先に屈辱を与えられた敦子に対してリング上から挑発していくと、裕子は失神状態の香織の顔面にフェイスシッティングの様に座り込んでいくと、押し付けた股間を香織の鼻の辺りに擦り付けていく。
「ほらっ…お返しよ!これが私の香りだっ!」
股間を擦り付けられて微かに意識が戻ったのか、香織が小さく咳き込んでもがき苦しんでいく。
「あれ…苦しい?じゃあそろそろ空気をあげるわね…」
そう言って裕子は少し間を置いて香織を解放していくと、何故か小さく笑みを浮かべてからリングを後にした。控え室へと引き上げると、裕子は手にしている剥ぎ取った戦利品(?)の香織のショーツの臭いを思わず怖い物見たさで嗅いでいくが…
「うわっ…ホント臭っ!まったく、ブ系の巨乳はそんなにオ○ラ攻撃が好きなの?」
先のなつの一戦も見ていたのか、裕子はなつと香織を重ねた様に顔を歪めながら呟いた。すると裕子は何故か自分のビキニショーツに手を当て、その手の匂いを嗅いだ。
「…臭っさぁ…我ながらキツイ…人のこと言えないわこりゃ…」
苦笑いしながら呟く裕子。そう、実は裕子は香織にフェイスシッティングを仕掛けた時、自分もお返しとばかりに密かにスカしていたのであった。そしてそれを喰らった香織は白目を剥いてリングに大の字になったまま、担架でリングを後にしていた。
最初こそ香織が押していたものの、終わってみれば裕子のパワーが証明されたような試合。果たして桜庭敦子との因縁の試合は実現するのか…。
inserted by FC2 system